Linux
シェルインターフェイスについて確認してみました
LinuxShell

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
シェルインターフェイスについて改めて確認しました。

シェルインターフェイスの種類

Bourne Shell(sh)

一般的なシェルインターフェイスです。

Bourne-Again shell (bash)

Bourne Shell のオープンソース版として開発されたものだそうです。

C Shell(csh)

BSD向け。C言語をモデル。あまり使われてないようです。

Z Shell(zsh)

zshですね。最近私は、Macではこちらを使用してます。
高機能ですし、tmuxと併用して使ってます。

そのほか

ksh, csh, tcshとかあるようです。

設定ファイル

sh

/etc/profile
~/.profile
とが対象ですね。

bash

shに加えて
bashrc, bash_profile
など読み込むものが増えてますね。

zsh

zshだと種類がたくさんありますね。zprofileなどなど。

まとめ

基礎的なところで、シェルインターフェイスについて確認してみました。
まだまだレベル1から昇格できそうにないですね。

補足、おまけ

なんで記事書いたのかと言いますと、
たまに「シェルの種類とか違いを、知らないの?」という人とお会いするので
「まぁ、そんなに知らないですよ。すいません。」という感じを伝えたかっただけです。

参考資料・リンク

WikipediaのUnixシェルページ

bash
bash_profileやbashrcについて
Linuxbash

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
ユーザーディレクトリで定義する~/.bash_profileと~/.bashrcなどについて調べてみました。

順番

  1. /etc/profile(/etc/profile.dはprofileに定義があれば)
  2. ~/.bash_profile
  3. ~/.bash_login
  4. ~/.profile
  5. ~/.bashrc
  6. ~/.bash_logout

bash_profileは、ログイン時に一度設定する必要があれば、定義します。
bashrcは、bashを起動するたびに設定する必要があれば、定義します。
/etc/bash.bashrcとかもあるようなので、今回は順番だけを記載しておきます。

まとめ

頻繁に思い出すことがあったりするので、この記事に残して今後も使いたいと思います。

補足、おまけ

とくにございません。

参考資料・リンク

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0203/12/news001_2.html