AWS
JAWS FESTA 中四国 2017 に参加してきました
AWSDynamoDBIoTJAWSJAWS FESTA JAWS FESTAJAWS FESTA 中四国 2017JAWS-UGコミュニティ

JAWS FESTA 中四国 2017に参加してきました。

JAWS FESTA 中四国 2017でスタッフとして参加してきました。
ハッシュタグは、 #jawsug #jawsfesta #jawsfesta2017。
今年は、四国松山での開催。11/2から行ってましたので先に観光してました。

本編

[基調講演] 武闘派はコミュニティに生きる。

フジテック株式会社 常務執行役員 情報システム部長 友岡 賢二さん

とってもいいお話でした。
「なぜ、コミュニティに参加するのか?」

  • コミュニティの意味を経営理論から解説する
  • ダメな情シスができる理由と処方箋
  • 若いエンジニアを勇気づける

この3本立てで、とても素晴らしい内容でした。

話を聞いていて、自分が ぼっち だった昔のときを思い出しました。
今もなおコミュニティに関われていることが本当に嬉しい限り。
最近、Facebook100人の新しい友達のお知らせがきましたので
自分のスモールワールドを増やし、つながりを広げようと思いました。

話し方、伝え方、リズムがとても良かったので、このお話はもう一度お聞きしたいです!
スライドは、一部分を抜いて公開されるらしいとのことなのでこちらから。

https://www.slideshare.net/secret/HanKMeJN0hozYd

jft_2017_IMG_7449-300x225.jpg

IoT初心者ハンズオン

JAWS-UG 関西IoT専門支部 (メインスピーカー 辻 一郎さん)

こちらは、ハンズオンのメンターとしてお手伝いさせていただきました。

資料はこちらです。
温度データをAWS CLIでDynamoDBに書き込む

ハンズオンは参加された方みなさん成功でした。
お手伝いできてとても嬉しい限りでした。

jft_2017_IMG_8704_2.jpg

パネルディスカッション

パネルデスカッション
クラウドとコミュニティを活用したこれからの働き方

  • 株式会社ソニックガーデン 倉貫 義人さん
  • Still Day One合同会社 小島 英揮さん
  • 株式会社サーバーワークス 大石 良さん
  • 株式会社デジタルキューブ 小賀 浩通さん
  • サイボウズ株式会社 水戸 将弥さん

パラレルキャリア
リモート
複業
などさまざまなお話が飛び交っておりました。

小賀さんの「管理しない」というのは
この前買ったという本とマッチングしてるのかなと思いました。まだ読んでないので照らし合わせてみたいです。

jft_2017_IMG_1279-300x225.jpg

副業については、懇親会で聞けばよかったと今後悔してます。

本編締めの挨拶

jft_2017_IMG_8704-e1509919927575-225x300.jpg

今年も最高でした。ありがとうございました。お疲れ様でした。

懇親会

懇談&恒例のLT。

jft_2017_IMG_2621-300x225.jpg

2018年のFESTAのお知らせ

来年は、 大阪。楽しみですね!

2018年のJAWS DAYS 2018のお知らせ

jft_2017_IMG_8600-300x225.jpg

JAWS DAYS 2018

2018/03/10

TOC 五反田メッセ

SAVE THE DATE

その他

前夜祭のおまけ

後から参加で、酒と飯をかっこんだ。
予約名が面白かったので1枚だけパシャ。

jft_2017_IMG_8205-e1509919975138-225x300.jpg

反省点

朝の集合写真に参加できませんでした。orz

四国満喫ギャラリー

味覚

[gallery ids=”59,60,61,63,177,107,116,85,153,173,86,158,156,133,69,81”]

風景・景色

[gallery ids=”176,166,113,149,135,137,150,155,175,159,104,114,171,65,67,68,146,164,148,144,78,120,142”]

IoT ► Raspberry Pi
Raspberry Pi 3のカメラモジュールを購入しました
IoTRaspberry PiRaspberry Pi 3Raspberry Pi Camera Module

ラズパイのカメラモジュールを購入しました

Raspberry Pi カメラ モジュール V2 - 8MP Camera Module

こちらを購入しました。

Raspberry Pi 3 Model B

こちらは以前から所有してましたので、今回使ったラズパイです。

セットアップする

カメラモジュールをつなげます。

pic01.png

Raspberry Piのファームウェアを更新する

pi@raspberrypi:~ $ sudo rpi-update

パッケージをアップデート、アップグレードする

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get update
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get upgrade

カメラを有効にする

pi@raspberrypi:~ $ sudo raspi-config

「Enable Camera」を選びを有効にしました。

カメラの状態を確認する

pi@raspberrypi:~ $ vcgencmd get_camera
supported=1 detected=1

カメラで写真をを取ってみる

pi@raspberrypi:~ $ raspistill -o test.jpg

output.jpg

なかなか綺麗ですね。ブログ用に画像を加工してますが綺麗なものです。

まとめ

こんどは、赤外線センサーを使って遊ぶのも面白そうです。

IoT ► Raspberry Pi
Raspberry Pi 3のWiFiをセットアップする
IoTRaspberry PiRaspberry Pi 3

wpa_supplicant.confファイルを設定します

pi@raspberrypi:~ $ sudo cp /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf.20160515
pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1

network={
  ssid="{自宅のSSID}"
  proto={暗号化方式、セキュリティプロトコル}
  key_mgmt={暗号化方式の鍵}
  psk="{自宅のWiFiのパスワード}"
}

ワイヤレスLANを再起動して反映させます。

pi@raspberrypi:~ $ sudo ifdown wlan0
pi@raspberrypi:~ $ sudo ifup wlan0

まとめ

これで、どこかのUSBにでもつなげれば
Raspberry Pi 3にWiFiで接続できるようになります。

IoT ► Raspberry Pi
Raspberry Pi 3 Model Bを購入しました。
IoTRaspberry PiRaspberry Pi 3

しましたというか、発売日に買ってました。

ようやく触る時間が持てたところです。
実は Pi 2 Model Bもありましたが、こちらは人に譲りました。

OSのダウンロード

http://www.raspberrypi.org/downloads/
よりNOOBSをダウンロードします。SDカードに展開します。

http://www.raspberrypi.org/help/noobs-setup/
を参考にセットアップしていきます。

SDカードはマニュアルにあった通り、フォーマッターを使いました。
https://www.sdcard.org/downloads/formatter_4/

ドラッグアンドドロップでOSイメージデータを、ポイッとします。

OSのインストール

電源を投入して「Raspbian」を選んでインストールです。

インストールが終わったらsshログインしてみます。

ユーザー パスワード
pi raspberry
The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sat Aug 27 07:17:10 2016
pi@raspberrypi:~ $
IoT ► Arduino
Genuino 101に触ってみました
ArduinoGenuinoIntel CurieIoT

Genuino 101とは

発売当初に買って放置しっぱなしだったのですが、ようやく触ったのでまとめてみました。
まずは
https://www.arduino.cc/en/Main/ArduinoBoard101
を見てみます。

Arduinoなのか?

USではArduino 101、US外ではGenuino 101
ということです。どうやら、商標が理由のようですね。

Intel Curieとは

Genuino 101は、Intel Curieを搭載したArduinoボードになります。
Intel Curieは、ボタンサイズの小型SoC。
SoC … System-on-a-chipになります。

スペック

スペックについては、サイトより抜粋させていただきました。

項目 詳細
Microcontroller Intel Curie
Operating Voltage 3.3V (5V tolerant I/O)
Input Voltage (recommended) 7-12V
Input Voltage (limit) 7-20V
Digital I/O Pins 14 (of which 4 provide PWM output)
PWM Digital I/O Pins 4
Analog Input Pins 6
DC Current per I/O Pin 20 mA
Flash Memory 196 kB
SRAM 24 kB
Clock Speed 32MHz
Features Bluetooth LE, 6-axis accelerometer/gyro
Length 68.6 mm
Width 53.4 mm

セットアップ

Arduinoアプリケーションのセットアップ

Arduinoアプリケーションをダウンロードして起動します。
使用したのはMac版で、バージョンは1.6.10です。
https://www.arduino.cc/en/Main/Software

ボードマネージャ

ツール -> ボード -> ボードマネージャー
からインストールします。

board1.png

インストール後は、ボードで選択します。
board2.png

ツール

ツール -> シリアルポート
を以下のように、選択します。

tool1.png

tool2.png

サンプルを実行する

サイトにあるQuickStartのように、Blinkを実行してみました。
実行すると下のように、エルチカできました。

参考資料・リンク

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/749489.html
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/wearables/wearable-soc.html
https://www.arduino.cc/en/Main/ArduinoBoard101
https://www.arduino.cc/en/Guide/Arduino101