技術 ► AWS
AlexaDay2018に参加してきました
AlexaAlexaDayコミュニティ勉強会・セミナー

AlexaDay2018に参加してきました

セッショントラック

今日から始めるAlexaデバイスのプロトタイプ開発

  • 音声対話システムの歩み
  • Alexaとは
  • Alexaの仕組み
  • インタラクションモデルとオーディオフロントエンド

amazon echoの登場(CES 2017)
音楽再生・ピザの注文・スマートホーム・タクシーの配車・ビジネスの利用
関西弁喋る。

アーキテクチャ

タッチ操作、ハンズフリー、ファーフリー(雑音のある場所)

ノイズリダクションアルゴリズム
オートゲインコントロール(Alexaデバイスはノンリニア処理はNG)

S/N比 = 聞きたい声/周りの騒音

ノンリニア処理だとデバイスの音声認識精度が低下する

アコースティックエコーキャンセル

ビームフォーミング

天井、壁掛けはむかない。
echoは平置きで。

Amazon AVS開発キット
提供されてるもの
 Hands Free
Far-Field
提供されてないもの
 タッチ操作

ラズパイのアップデートは注意。(AWS Greengrassも同じ)

Alexa Skill Kitでプロダクトの可能性を広げる

USで公開されてるサードパーティ製Skill、7倍アップ

カスタム対話モデル
スマートホームモデル
フラッシュブリーフィング
ビデオスキル(日本非対応)

デバイスがクラウドで管理されている必要がある
Echo Plusはちょっと別。

開始フレーズ

  • を使って
  • を開いて

スロット
インテント
発話

VUIの設計

目的とユーザーストーリーの
ーーーamazonのドキュメントにあるとおりやるとできる。

アプリのキャラ設定

既存コンテンツとSSMLを使っては難しかった。
コンテンツを新しくする場合にはいいかも。

ユーザーストーリー
冷蔵庫をみて、材料から、レシピ
台本

おすすめのレシピを聞く
材料のレシピを聞く
料理名指定のレシピを聞く

処理を起こしていく

前回の処理の途中から実行できるように作成。

状態はredisなどで保存。
1日でExpire

発話のバリエーションを増やす。

実際の開発(Skillの開発)

Lambda
サーバいらない
SSLいらない
Alexaからのリクエストの検証がいらない

ホスト
ネット接続
ASKのI/Fに準拠
SSL/TLS
Alexaからのリクエストの検証する必要がある

Alexa Skill Kit SDK for Node.js
Alexa Skill Kit SDK for Python

Alexa Skill Kit CLI
シミュレートの機能もある。
日本語の対応がまだの模様。

一般公開したあとは
開発者のものは開発のエンドポイントに向かう。

テスト
デベロッパーコンソール
サービスシミュレータ

Echosim.io

運用
利用状況をチェックする
→SLOTにないワードが来ることが多い

プロダクトのスキル開発

Alexa and Machine Learning on AWS

Seach & Discovery
Fulfirment & Log

Robotics
go
Key

Machine Leariningの取り組み

Ask
自動音声認識
自然言語理解
音声合成

ASK & AVS

日本国内は450+ Skills

Character Mode => GUI => WEB => Mobile => VUI

Gartner VUIについての行く末(2017.10 or 11)

音声のトラフィック(検索トラフィックの10%を超えている)

2020年までに2000億回超えるだろう

  • デバイスのプロビジョニング
  • 集中管理
  • プライバシーとセキュリティ

alexa for businnes

alexa同士の会話も可能。

echo をまとめてセットアップすることができる。

ビデオ会議システム制御(Zoom, Polycom, Chime)

Public Skills or Private Skills
Private Skills はCLIで設定ができる。

27,000の公開Public Skills(US)

どのEchoから呼ばれたか認識させる必要がある。
ラスベガスにあるWinとういホテル。Echo dotを整備。ルームサービスが可能

Alexa for Business
ルームを作成する。ルーム登録に必要な住所は、アメリカ。
登録の実行ファイルはexe。Windows必要。

Amazon Machine Learning

  • ML Services

    • Amazon Rekognition
    • Amazon Polly(Text To Speech)
    • Amazon Lex
    • Amazon Comprehend(自然言語理解サービス)
    • Amazon Translate(辞書型でなく、機械翻訳)
    • Amazon Transcribe(Speech To Text)
  • ML Platform

    • Amazon Kinesis Video Streams
    • Amazon SegeMaker(いい機械学習モデルを生み出すために)
      機械学習用のDocker
  • ML Engines

    • DeepLearning AMI(Tnsorflowなど組み込み済み)
  • Infrastructure

    • P3インスタンス
      Maxwell, Pascalはないよ。他のベンダーはあるけど。

Amazon ML Solutions Lab
20年培ってきたノウハウ。シアトルに行って覚えてくる。

#

deltaが差分。
AWS IoT Coreのデバイス制御

  • 物理的法則
  • 経済的法則
  • 法律

AWSで初めて出したソフトウェア(ハードウェアに組み込むもの)

CognitoアイデンティとIoTで管理

スマートホームデバイスの登録は必須。

Account Linking
誰の声か認識する。
ドキュメントをしっかり読んで、できるようにしておくとよい。

エッジ処理。

Alexa と AWS Greengrassとの連携

FreeRTOS

#

台本

自動応答システムとは違う。
IVR

Skill Builder

会話の文脈により、その時に最適で複雑なステートが存在する。
揺れの吸収、ユーザーが心地よくなる。
設計プロセスの必要性。

VUXデザイナー。

Lambdaだよね。

サーバーレス
 開発の高速化
 運用の省力化
10x Product Development
Typescriptで4ヶ月
開発者2人

CSVダウンロード/アップロード
REST API
Shifter
運用
 →Lambda(日経)、画像処理
 →(Recruit Jobs)、Twillio、AWS使ったことがない担当が3週間後にはできている世界。

エコちっち

こまったこと

  • [発話]状態確認→コマンド
  • [発話]コマンド

ステート
 状態確認のときは、ハンドラーを追加して実行。ステートを管理
 コマンドのときは、実行

エコちっちの生涯=Lambdaのライフサイクル=5分

教えてのインテント。
 スロットによって変わる。
 シノニムにあわせて、caseに設定する。

エコちっちのソース、816行。

「ステートを制するものが対話モデルを制す」

#

大石さん、Amazon Connectに期待。
小嶋さん、名刺の数。2016年AWS SummitにAlexaを多く引っ張ってきた。
後藤さん、えりか。。。CESでAlexaのEchoシステムを構築できる発表をみてきた。
 →googleも。
 →Lyft

メディアはAlexaをどう伝えたか。

スマホを持ってる人は、音声検索は使わない。
スマホを持ってない人(子供)は、音声検索を使いこなせる。

12月のランキング
ピカチュートーク、豆しばなどがあり、まだ使う環境広がってないということが見受けられる。
「広告を話す」—音声販促

ピザハット派。大石さん。

パネル内容

###

ここにいる開発者は誰とくむべきか?

  • マッチングできる場が増えていき、その場でマッチした人とあるだろう。
  • IoTは、物理がありなかなか難しい。
  • xxxx人規模の会社は難しいかも。

VUIはB2Bにどのように入っていくのか?

  • 電話をインテリジェントに。
  • Alexa for Businessは、VPCが出た時にAWSに参入する企業が増えた時と同じぐらい期待。
  • 老若男女への情報提供ができて、革新がもてる。
  • 電話を受け取る仕事は、リモートしづらい。
  • パルコさんのように、ショッピングモールをもっとよりよく。

クラウドからひもとくIoT、AI、サーバーレスなど新しい技術への向かい方。

  • 新しいサービスへの取り組み。
  • 「クラウド化する世界の本」をみて、クラウドが流行るとみた。
    AIは音声データからとったもんがち。情報量が多い。
  • 問題意識としてあるもの。人が少なくなること。

今後のAlexaへの期待

  • くろうば、はまだまだかも。ウェイクワードがまだ少ないから、増やしたい。
  • 文脈理解。誰が聞いたのかなど、プライバシーの懸念。
    プライバシーの提供とのトレードオフ。
  • ビジネスはプライベートなものが求められる。
  • プロアクティブ。先回りしてやってほしい。

質問

  • Amazonが小売をもっていること。
    →AWSを持っていることにより、違うことができる。
    Echo Showなどは画像情報からの生み出す世界。ディスプレイによる伝える世界。
  • Echo Look
    →Amazonファッションチームが欲しい要求から作った。
  • EchoShow
    →ディスプレイつきEchoというより、CameraつきEcho。

まとめ

補足、おまけ

参考資料・リンク

AWS
Geeks Who Drink in Tokyo -AWS & 神楽坂 Edition-でLTしてきました。
AWSBacklogCacooNulabTypetalkコミュニティ勉強会・セミナー

Geeks Who Drink in Tokyo -AWS & 神楽坂 Edition-でLTしてきました。

こちらがイベントページです。
ハッシュタグは、 #GWD_Nulab です。

LTのスライドはこちらです。

スライドの作成時間は2時間。
ちなみに、刺身タンポポルーティンワークが生まれるまでは二ヶ月ぐらいかかってます。

お話したとおり、最初売ろうとか考えました。一瞬欲が出ました。(笑)
でも日本人っぽさが出て、0円で申請しました。
ヌーラボさんにすっごい恐縮させてしまい、本当にすいませんでした。

スライドにあったtypetalkの秘密部屋は、
プロダクトとしてのフィードバックのコミュニケーションを取るためだったのですが
まさかアイコンのやりとりでも使うことになるとは思いませんでした。
世の中、不思議と感じました。

神楽坂のオフィス最後のギャラリー

Geeks Who Drink in Tokyo -AWS & 神楽坂- でお邪魔しました。 #gwd_nulab

f_prgさん(@f_prg)がシェアした投稿 -

次のオフィス

次は、神田に移転だそうです。セミナールームもあるとのことです。
4月に福岡オフィスを利用させていただきましたが、大変とても良かった印象なのでとても期待してます。

AWSだけでなく、HTMLやAgileなど様々なイベントもやっているようなので
楽しみにしてます。

その他

名刺ないので、ちょっと不便さがでてきたので作ろうと思います。

AWS
AWS re:Invent 2017 Pre Party!!に参加してきました。
AWSre:Inventre:Invent 2017コミュニティ勉強会・セミナー

AWS re:Invent 2017 Pre Party!!に参加してきました。

自分で管理している、Facebookのコミュニティグループで
「イベントを作りましたよー」とあったので
LTに申し込んで行ってきました!

伝えたいことは、
SNSを使って、情報交換を!!
ってことです。フォローアップします。

Timersさん、ありがとうございました。
リブセンスさん、ビールのご提供ありがとうございました。

おまけ

イベントのあと小腹空いたので、ラーメンへ。

神様お許しください。

f_prgさん(@f_prg)がシェアした投稿 -

AWS
JAWS-UG さいたま支部 第7回勉強会を開催しました。
AWSJAWS-UG勉強会・セミナー

はじめに

JAWS-UG さいたま支部 第7回勉強会
を開催しました!

AWS超入門 (EC2×2+標準ELBのハンズオン)

入門の方には、いいセッションでした。
ちょっとトラブルがありましたが。。。

さくらインターネットのIoTプラットフォームsakura.ioを使ってAWS連携をやってみよう(仮)

ソラコムさんとの区分けがうまいなぁと関心しました。
「データを迎えに行く」という発想は、いい逆転の発想ですね。

高火力コンピューティング。シンゴジラやDCの写真。ドラマとかいろいろカッコイイ。

ブログ書いてる時期に知りましたがIntel Edisonが終わるようなので、
個人にRaspberryPiを待とうと思いました。

athenaのお話

Redshiftを起動しつづけるより
Athenaのほうが安いこともある。
併用も可能。そんなに高くはならない

パーティションとかやったことがないので
必要だなーと思いました。

CFnでWAFとALBを連携

サミットでパネルディスカッションをした直後なのに流石。

AWS WAF is now available on the Application Load Balancer (ALB)

このエントリがきっかけだったようですね。
まだ、WAFを導入していないので導入したいなぁ。

AWS SUMMIT TOKYO 2017 NEXT ACTION

合格した先のお話。
参加者のみなさんでスペシャリティの問題を解いてみる試みをしましたが
個人的には好感触でした。

まとめ

次回からは、少人数のハンズオンで回を進めて行く予定です。
大宮は遠いんですけど、やっていく気持ちだけはあります。
9月には、また開催する予定です。是非お越しください。

勉強会・セミナー
東北IT物産展 2016@秋田
勉強会・セミナー旅行

東北IT物産展 2016@秋田に行ってきました

去年も行ってきた東北IT物産展に今回は個人で参加してきました。
ハッシュタグは、#tohokuitfesです。

車で関東から秋田までドライブしました。本当長い移動でした。

top.png

移動(初日)

国見のドライブインでのおやつ

IMG-0.jpg

前夜祭

比内地鶏、いぶりがっこなど美味しかった。

そのままスタッフやらない?
オー、イエス!
ということで、去年と同じくスタッフをやることになりました。
その後お邪魔させていただき、明日(2日目)の準備などで稼働してました。

IMG-1.jpg
IMG-2.jpg
IMG-3.jpg

プリントって、すごいなぁとマジマジと思いました。

勉強会当日(2日目)

朝食とポートタワー

IMG-4.jpg
IMG-5.jpg

会場

秋田市役所新庁舎 3階
できたばかりで、とっても綺麗。

IMG-6.jpg

開催

ハンズオンの準備中の一枚

IMG-7.jpg

Mr.T?

IMG-8.jpg

タイムテーブル

IMG-9.jpg

いざ貼ると、さらにカッコイイ!

IMG-10.jpg

セッション

「リモートチームでうまくいく 〜 これから訪れる働き方の変革」
株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫 義人

アジャイルとかマネジメントとかでブログをいつも拝見させていただいてました。
発売に買った書籍を持っていったので、サインいただきました。ありがとうございます。

セッションの感想を私から下手に伝えるよりかは
本を買ったほうが、結構いいかと思います。

あ、こちらも。ぜひ。

IMG-11.jpg

IMG-12.jpg

IMG-13.jpg

そのままゴジラ岩へ

今乗ってる車が、ダイハツのキャストなんですが
どうしてもCMでやっていたゴジラ岩を見たくて抜けて行ってきました。
というか、その目的で車で来たのでした。
(※勉強会を抜けることは事前に許可いただいてます)

CMをまとめた動画がこちら。

ゴジラ岩のギャラリー。
IMG-14.jpg
IMG-15.jpg
IMG-16.jpg
IMG-17.jpg
IMG-18.jpg
IMG-19.jpg
IMG-20.jpg
IMG-21.jpg
IMG-22.jpg
IMG-23.jpg

懇親会へ

あと3分ってところで駆け込み。速攻同じ店で2次会。
前夜祭で聞いていた、ベリーダンス狙いではあった。w

解放された武田さん、ガッツポーズがたくましい。
IMG-24.jpg
IMG-25.jpg

でもって、ベリーダンス。
IMG-26.jpg
IMG-27.jpg
IMG-28.jpg
IMG-29.jpg
IMG-30.jpg

帰り際の会場
IMG-31.jpg

帰り(3日目)

IMG-32.jpg
IMG-33.jpg
IMG-34.jpg

錦秋湖SA

ぎばさ

IMG-35.jpg

ドライブインからちょっと歩いた

IMG-36.jpg

お昼の牛肉

IMG-37.jpg
IMG-38.jpg
IMG-39.jpg

ドナドナを見た

IMG-40.jpg
IMG-41.jpg

おまけ

IMG-42.jpg
IMG-43.jpg
IMG-44.jpg
IMG-45.jpg
IMG-46.jpg

まとめ

パンフとTシャツ、感謝です。
来年は岩手。楽しみにしてます。
IMG-47.jpg

会社に置いたお土産をちらり。
ドライブしたって感じです。
IMG-48.jpg

ほぼ旅行みたいなものですが、参加できてよかったです。
コミュニティとしても、力を合わせており
とても活発であると感じました。
みなさんお疲れ様でした。

大事なこと

秋田美人はとてもいい。
もう一度。
秋田美人はとてもいい。

補足、おまけ

Facebookアルバム

参考資料・リンク

東北IT物産展 2015@青森

勉強会・セミナー
PHPカンファレンス関西2016でお話してきました。
AWSPHP勉強会・セミナー

発表資料です。

2016/07/16 PHPカンファレンス関西2016でお話しました内容になります。

イベントページ

参加してみて

もうちょっと、PHPのお話したほうがよかったのかなぁと
思っております。
参加してみて、PHPの力をもっとつけようと感じました。
参加させていただいて、とってもよかったです。

勉強会・セミナー
東北IT物産展 2015@青森
勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
2015/08/29に開かれました東北IT物産展 2015@青森にスタッフ&聴講者として参加してまいりました。ハッシュタグは、#tohokuitfesです。

banner.png

前日の1日目、普通に青森を楽しんできました。

有給を使って、1日目は前乗りして移動してきました。
IMG_9458.jpg
IMG_9461.jpg
IMG_9462.jpg

実はこのとき結構寒くて、服を買ってます。
そのあと食事することになり、前夜祭になりました。
IMG_9465.jpg

本番当日の2日目

「青森まちなかおんせん」で、朝風呂しました。とても気持ちよかったです。

IMG_9478.jpg

朝ごはんに「のっけどん」。とても美味しかったです。^ _ ^

IMG_9479.jpg
IMG_9482.jpg

勉強会本番

準備作業中をチラり

IMG_9487.jpg
IMG_9491.jpg

オープニング

IMG_9493.jpg

ランチ&スポンサーセッション

お弁当が美味しかった。
IMG_9496.jpg

ランチセッションで使用したスライドはこちら。ほぼ会社の宣伝です。
TVでCMの合間のようなひとときでございました。
ちょっと今後の勉強会を開く際の参考になりました。

「東北から世界に羽ばたくデベロッパーを!東北TECH道場について」 & 「データ消失事故の教訓とその後の取り組み」

「東北から世界に羽ばたくデベロッパーを!東北TECH道場について」

活動は聞いたことあったのですが、実際内容を聞いてみたら楽しそうだなと思いました。
コードは重要ですね。

「データ消失事故の教訓とその後の取り組み」

FirstServerさまのセッションに移動しました

・スパゲッティからフルスクラッチ開発へ
・そういうもんだというものからの乖離。
・FirstServerはRoute53を使って管理されている。
・Zenlogicはcloudpackとおなじとおっしゃっておりました。ちょっと嬉しかったです。
・ボタン一つで高負荷対策を実施。
・専用サーバ並みの安定性。
・Yahoo!Cloudとの取り組み

まとめ
・定期的に原点回帰。
 できなかったことができるようになっていることがある。
・技術的負債の解消は重要な経営課題。
・同じ失敗をしていただきたきたくない!

とてもメッセージが強く、熱いセッションでした。
もしスライドがあがったら、読みたいです。

「萌えはビジネスを加速する!~3つの「クラウド」で君も今日からプロデューサー!~」

  • クラウドファウンディング
  • クラウドソーシング
  • クラウドコンピューティング
    これでなんとかいけるかもしれない。。。
    ぎばさちゃんのLINEスタンプを購入してしまいした。
    大事なことは、「佐村河内メソッド」、「働いたら負け」ですね。

「クラウドソーシングを1年間利用してみて感じた新しいの働き方」

地方での働き方というものに興味があったので、参加しました。
クラウドソーシングでの仕事の取り方などとても参考になりました。

「東北のIT系学生のホンネ-学生生活から就職活動まで-」

大学での立ち位置も大変だなぁと感じました。
まだまだ東北でITに関わる人間少ないとのこと。
もっともっと増えてほしいです。

お手伝いしたGitHubハンズオンセッション

発表された、福井さんのスライドはこちら
https://esa-pages.io/p/sharing/1592/posts/18/c7e6334fc4999917c805-slides.html#/

IMG_9506.jpg

いつもは、SourceTreeのGUIを使って楽しているので久々のコマンドを実行しました。
コマンドで実行しても、まあなんとかわかりました。

懇親会

料理がとても美味しかった。幸せでした。
IMG_9509.jpg

学生さんたちののセッションがありました。
IMG_9515.jpg
そのあとのLTはとても盛り上がってました。

まとめ

ちょっと写真があまり多くなく、
結構美味しいものに囲まれた勉強会でした。。。違う、違う。
東北のみなさんのITに対する姿勢は、私も学ぶものがありました。
この勉強会の企画などから参加させていただきましたが
とてもためになりました。

メディアにも取り上げられているようで大変素晴らしい。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20150830/201508300P090700.html

懇親会の最後のころには新幹線に乗らないといけなかったので、その日に帰宅いたしました。
そのあとの懇親会で次が 秋田 に決まったようです。来年もぜひ参加したいと思います。懇親会も含めて。
来年はまた東北でのITに変化があることを期待しております。

参考資料・リンク

http://www.slideshare.net/TakaGerbera/20150829-tohoku-it-fes-raspi-handson
http://www.slideshare.net/tkonparu/20150829-tohoku-itbussanten
http://www.slideshare.net/gatespace/wordpress-tohokuitfes
http://www.slideshare.net/megumithemes/it2015-lt
http://www.slideshare.net/megumithemes/it2015-52235124
http://www.slideshare.net/KoseiSato/1password2totpit2015-lt

トゥギャッターがあったので、みなさまの活動をごらんくださいませ。
東北IT物産展2015青森tweetまとめ #tohokuitfes

勉強会・セミナー
エフスタ!!TOKYO vol.6
エフスタ勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
エフスタ!!TOKYO vol.6
「エフスタ!!TOKYO エフスタ流 新人教育」
に参加してきました。
ハッシュタグは、#efsta42
です。
https://efsta.doorkeeper.jp/events/26760
http://www.efsta.com/index.html

オープニング&自己紹介

全員の自己紹介から始まりました。エフスタは、そうらしいですね。
名前言うのを忘れましたけど。www

Session.1

新入社員からみた現場と教育のギャップ

  • 鈴木 大貴
  • 株式会社サイバーエージェント Ameba統括本部 iOSエンジニア

会津大学につて

日本初のコンピューター専門大学。
大学ベンチャー数が日本一。
授業が英語ある。卒論も英語。
外国人教授が3割。

大学で学んだこと

Unix, C言語, JAVA, アルゴリズム…

プログラミング

  • C言語
    学んだことで、次の言語の抵抗感がなくなった。とてもよかった。
  • JAVA
    オブジェクト思考を学ぶ。
  • プログラミング演習
    問題解決能力が身についた。

プログラミング以外

  • データベース
    Leapというalgebraを使用。RDBMSを学ぶ。
    http://leap.sourceforge.net/index.html
  • 英語
    つまずいたときの文献はほぼ英語。stack over flowを活用。
  • その他
    忘れていても、何をしているかは分かる状態

現場で学んだこと

WEBに特化した勉強はしたなかった。

WEB
  • サーバ環境
    Production, Staging, Develop環境
  • キャッシュサーバ
    memcached, redisの使い分け
  • 単体テスト
  • CI
    テスト自動化
デザインパターン
  • サーバ
    – Dao
    – Service
    – Facade
    – Controller
ネイティブアプリ開発
  • ライフサイクルの把握
  • クラスの使い分け
  • アニメーションの表現方法
  • ライブラリ
    cocoapdos
    Carthage
  • アプリリリース手順
  • 実機でのデバッグ方法
バージョン管理
  • Git
    – 個人はGitHub, 会社はGHE
    – Branchの切り方
    – Branchの命名規則
    – Commitのフォーマット
タスク管理
  • JIRAを使ったストーリベースのタスク管理
  • 毎週のスプリントミーティング
その他
  • 開発環境の構築
    Eclipse
  • Pull Request
    エンジニアのランクに関係なく、お互いにPRを投げて確認し合う
  • ドキュメント
    – Javadoc
    – Confluence
    – Wikiの充実
  • メソッド及び変数の命名規則

現場で足りないものをどう補ったか

学生時代のアルバイト
  • Flashによるミニゲーム開発
    アニメーションの実装を学ぶ
  • ソーシャルゲーム開発
    通信周りの実装
    データストアの実装
  • iOSアプリ開発
    アプリ内課金の実装
    Developerアカウント周りの管理
社内研修

期間は最大2ヶ月
JAVAの基礎
Linux, Grant, Photoshop
最後の2週間でグループ開発研修

トレーナー・トレニー制度
配属のミスマッチを避ける

ソーシャルでの適度な発信
Githubスターインセンティブ制度がある。

社内実績を作るには

得意分野でのOSSへの参加

iOSライブラリの作成

最後に

Ameba古着屋の宣伝

Session.2

夏の新人教育相談室

  • 藤原 裕也
  • 株式会社ネクスト エフスタ!!TOKYOスタッフ iOSアプリエンジニア

エフスタとのつながりについて

業務

HOME’Sのアプリ開発

新卒の心構え

「なんのために」「なぜ」やっているかを考える。

規則、手順   実力把握
 ↓        ↓
  明確な理由と目的
 ↑        ↑
失敗      社会人

教育担当の心構え

一緒に楽しみながら将来を考える。

新卒プログラマーが学ぶこと

興味を見つける。
技術スキルを上げる。勉強会、自ら発信。原動力。良い書籍。
「リーダブルコード」

教育の仕方

積極的に新しい試みをする。

  • 新人はできるやつはできる。
  • 成長度合いはそれぞれ違う。
  • できるように見せるのがうまい。

伝わらない

過去の経験
上下関係
腹落ち

まとめ

チャレンジ

心の教育

  • 若原 彰伸

ストレスマネージメント

現場のストレス

仕事に対して6割。
大人は43%。
ストレスの対処は4人に1人。
IT業界は28%。業界でのトップ。

ストレスは、外からの刺激。
ストレスは、身体(内)から戻そうとする。

感情

出来事 —> 解釈 —> 感情

出来事、現象や刺激
解釈、経験や価値観、ステレオタイプ、バイアス
感情、気持ち

認知のゆがみ

悲観的に捉える悪い癖(10 Cognitive Thinking Errors)

  • ALL OR NOTHING THINKING
  • OVER-GENERALIZATION
  • MENTAL FILTER
  • DISQUALIFYING THE POSITIVE
  • JUMPING TO CONCLUSIONS:
  • MAGNIFICATION (CASTASTROPHIZING) OR MINIMIZATION
  • EMOTIONAL REASONING
  • SHOULD STATEMENTS
  • LABELING AND MISLABELING
  • PERSONALIZATION

まとめ

プラス思考。
出来事 —> 解釈 —> 問題あり —> ストレス反応
—> 問題なし —> ストレスフリー

おやつタイム

うまーーーー。
pic1.jpg
pic2.jpg
pic3.jpg

Session.3

経営視点からみた教育

  • 星野 邦敏
  • コワーキングスペース7F 代表、大宮経済新聞 編集長、株式会社コミュニティコム 代表取締役

  • 山下 陽子

  • コワーキングスペース7F 店長、株式会社コミュニティコム デザイナー

自己紹介、星野さん

書籍は今まで、13冊関わっている。
コワーキングスペースについて。郡山にも作る予定だった。w

今日のゴール

  • 経営者はなぜ人を雇うのか?
  • 経営者として研修をどう考えるか?
  • それによる売り上げと利益の関係

3つの目的

産業と雇用の創出

正社員を採用するとかかるコスト

額面30万円、40歳未満で独身の正社員。

  • 従業員手取りは25万。
  • 毎月の会社からの支出:約38万。
  • 正社員の社会保険や税金で、毎月13万円ぐらい。

給料の3倍稼いで欲しいは、あながち嘘ではない。

コストのかかる雇用を経営者がする理由

  • 人を増やさないとビジネスがスケールしない。自分の手から離れない。
  • 経営者のスキルセットや単体のリソースでは、ビジネスが成立しないモデル
  • 雇用を経営者の社会的責任と考えている場合
  • 補助金や助成金が豊富にあるから。VC投資などのお金を使う。
  • 1人で事業をすると寂しい。飽きる。

求人コストと研修コストと売り上げの関係について

7F
200万
人件費、75万(正社員1名+アルバイト8名)

売り上げと人件費の関係
  • 請負案件
    コスト意識と資金回収サイクルなど考えてしまう。
    経営者が作業する人間に、意識付けさせる必要がある。
  • 自社サービス展開
求人コスト
  • アルバイトの求人
    情報誌5から20万(2週間)
  • 新卒の求人
    掲載100万〜
研修
  • 名刺交換
  • photoshop
  • 7Fでは、全4回くらい
    1人あたり10万かかる。(講師代)
研修をする理由を経営者視点で

会社のスタッフの質の一定を求める。
補助金など有効なものがある。
成長を見守っていきたい。

スタッフの採用について

  • インターネット上に情報発信をしてない人は採用しない。
  • 自己矛盾のある人は採用しない。

帰属意識

帰属意識とコミュニケーション
クレド

自己紹介、山下さん

現場視点から、

新人アルバイトの研修

はじめの一歩をつまづかないため
受付業務、スペースの快適さ、予約や問い合わせ対応、利用者とのコミュニケーション、SNSやブログの更新、POPの作成など

来客対応、電話やメール対応、ITリテラシー、著作権の知識、長話を切り上げる技術、グラフィックソフトを使えると良い。

7Fスタッフの特徴

FBのアカウント公開
顔出し、実名公開

マナー研修

ITリテラシー研修

先輩スタッフの経験談

Photoshop・Illustrator初心者講座

プロから教わる

まとめ

マインド、技術、結束

次ならこうする

研修の外部発信など

Special Session

ミッション以外にビジョンとターゲット。

教育の必要性
人材が流出する
ノリの合わない人が減る
今年の売り上げが下がる
稼働率が悪くなる。

クレド
存在意義。

コーチング、お互いのギャップを埋める。

まとめ

最初Facebookの投稿でのおやつに誘われて、初参加したエフスタ。
障害調査に巻き込まれてて、2台のMacを使いながらようやくメモできました。

教育から実働、そして経営まで。
だいたいは把握してましたのが、再確認するにはとても有意義でした。
ちょっとずつ変化しているんだなぁと思いました。

最後に懇親会に行けなかったことは、残念でした。

参考資料・リンク

https://efsta.doorkeeper.jp/events/26760
http://www.efsta.com/index.html

勉強会・セミナー
cloudpack社内勉強会Vol.1
AWSAWS認定資格cloudpack勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
cloudpackで行いました社内勉強会Vol.1を開きましたので、その内容をご紹介したいと思います。
と言っても内容については今回のテーマではお話できない理由がございます。
ご容赦ください。

テーマ

「AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル」
についてです。
http://aws.amazon.com/jp/certification/certified-devops-engineer-professional/

社内勉強会の内容

といっても、すごい内容ではありません。試験の内容も話してません。
まずは出題範囲の確認と模擬試験を参加者5名で解いて
皆で出し合い話しあう内容でした。

以前から社内で勉強会もちょこちょこやっていましたが
社内での勉強会も始めなので、まずは軽くといったところです。

今後、社員の皆さんが成長できたらいいなと思いました。

まとめ

試験勉強となると一人で勉強になりがちですが
今回の5人で勉強したのはとても有意義でした。
ここはこう思う、こうではないかと話しあえたことがとても良かったです。

参考資料・リンク

http://aws.amazon.com/jp/certification/certified-devops-engineer-professional/
http://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2015/06/02/101355

勉強会・セミナー
Laravel Meetup Tokyo Vol.6に参加してきました
LaravelPHP勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
Laravel Meetup Tokyo Vol.6に参加してきました。

Laravel 5.1 Release! (@ytake)

イベントページの内容とリリースに合わせて変更になってます。

5.1の特徴

LTS(Long Term Support)
bugfixに2年。securityに3年。

ドキュメントが豊富に

PHPバージョン

PHP 5.5.9以上
仕様しているPHP状況に応じて5.0でも良いかも。

mcryptが不要に

暗号化にはopensslエクステンションが必要になる

5.0からのアップグレードについて

  • compile file
  • キャッシュファイル
  • AuthController
  • Validation
  • Eloquent
  • Collection
  • CommandBus —> Job

5.2でなくなる予定

  • Middleware, TerminableMiddleware
    PSR7に合わせてなくなるのかも。
  • Bus/DispatchesCommandsがJobに変更
  • コンテナのbindshared

コーディング規約

フレームワークはPSR-2へ

5.1の機能紹介

  • route group
  • CSRF token
  • HTML, Form
    Laravelパッケージから外されている
  • Modelsディレクトリは削除

  • よくあること、make:modelするとapp直下にできる

    php artisan make:model Models\\Messages
    

    でやるとそういったことはなくなる。
    バックスラッシュ2つ。

  • laravel elixir
    gulpを使った開発支援タスクランナー
    less, sassコンパイル
    phpunit自動実行
    babelタスク追加
  • middleware
  • Request
  • Broadcast
    RedisのPub/Sub
    Pusher(海外サービス)
  • Faker factory
    ダミーデータ生成、DBに入れることもできる
  • functional test
    クローリングするテスト(seleniumに近いような、テスト)

その他

Laravelはアーキテクチャを作るフレームワーク

LT

Laravelでバッチを作ってみた。

アプリ(Apple, GooglePlay)のカスタムレビューを
Laravelでまとめる。
dipではTypetalkを使っているそうです。

LaravelアプリケーションをSeleniumでテストしてみた

WebDriverを使用

composer.jsonで

phpunit/phpunit-selenium

サーバ環境の用意に疲れた

firefox、Xvfb、Selenium Server

Domのアクセスは非常に簡単。

スクリーンショット

エラーが出たらスクリーンショットをとる。
前のものと比較ができて便利。

Githubでの共有予定

Laravel5.0を2日触ったばかりの人が5.1にあげた話

composer

とりあえず、アプデートしたら失敗

  • bootstrap/cacheフォルダの手動作成
  • unitテストの修正

ドキュメントを読んでください。

プロジェクトを作り直した

  • オートコンプリートが効く
  • namespaceの宣言位置が違う
  • 認証ページがない。作り方は公式ページにある。
  • cssフォルダがない

まとめ

ドキュメント読もう。
create-projectのほうがすっきりする。

モデルディレクトリがなくなった理由

L4までは今までの親しみのためあったよう。

オートローダー

  • composerで管理する
  • requireとかは使わない。
  • PSR-4、それぞれのライブラリの共通化

ファイルを読み込み作成する仕組み
デメリット、ネームスペース書きづらい
メリット、require地獄から抜けられる

Fakerの紹介

宣伝

  • qiitaにLaravelの書籍まとめ記事を記載。
    英語書籍が増えてきた。
  • PHP勉強会
  • phpcon 2015
  • phpカンファレンス発表公募のコツ
    • 一般の発表は倍率高め、LTは低い
    • 宣伝はNG
    • フレームワークだけの発表はNG
    • セクハラネタ禁止
  • Laravel Meetup Tokyo Vol.7について

まとめ

前からLaravel勉強会の参加してはキャンセルし、ようやく参加できました。
久々の開発の勉強会で、なかなか情報を得ることができました。
Laravel 5.1が出た直後でしたので、いいタイミングで参加できました。

補足、おまけ

Laravelのddが便利でした。
http://laravel.com/docs/4.2/helpers