pyenvをMacにインストールしました。

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
pyenvをMacにインストールしましたので、方法のご紹介になります。

インストール

brewによりインストール

brew install pyenv-virtualenv pyenv
vim /Users/f_prg/.bashrc

.bashrcには下記を追記しておきます。

# pyenv
export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"
if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then
    export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
    eval "$(pyenv init -)"
fi

pythonをインストールします。

pyenv -v
pyenv install -l
pyenv install 2.7.8
pyenv versions
pyenv global 2.7.8
pyenv versions
pyenv rehash

2.7.8をインストールし、設定しました。

pipのインストール

すでにMacに入っていたの3つをインストールしておきます。

pip install awscli
pip install sphinx
pip install ansible

まとめ

今回は、既存のMacのsystemからの移行を行いました。
パッケージの一覧を保存し、pipインストールを忘れないことが重要です。

補足、おまけ

下記のセットアップもしておくと、自動的にrehashがされるようです。
https://github.com/yyuu/pyenv-pip-rehash

参考資料・リンク

今回はございません。

homebrew+jenkins on Mac

jenkinsをMacにhomebrewでセットアップしました。

brew info jenkins
jenkins: stable 1.534, HEAD
http://jenkins-ci.org
/usr/local/Cellar/jenkins/1.534 (3 files, 60M) *
  Built from source
From: https://github.com/mxcl/homebrew/commits/master/Library/Formula/jenkins.rb
==> Caveats
To have launchd start jenkins at login:
    ln -sfv /usr/local/opt/jenkins/*.plist ~/Library/LaunchAgents
Then to load jenkins now:
    launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.jenkins.plist
Or, if you don't want/need launchctl, you can just run:
    java -jar /usr/local/opt/jenkins/libexec/jenkins.war

plistをコピーします。

ln -sfv /usr/local/opt/jenkins/*.plist ~/Library/LaunchAgents

jenkinsを起動します。

launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.jenkins.plist

https://blog.star-flare.com:8080/
でアクセスできます。

④JAWS-UG 千葉團 Vol.1 -千葉團はじめます。クラウドはじめよう- #jawsug #chibadan

今日は、JAWS-UG 千葉團 Vol.1のイベントに参加しました。
④、ライトニングトークです。

■doorkeeperイベントページ
http://jawsug-chiba.doorkeeper.jp/events/5129

Twitterハッシュタグ

jawsug #chibadan


16:10-16:15 「いつ参加するか?いまでしょ!」 @HOKARI_Yutakaさん

今の仕事のインスタンスが2000
Chef

y=f(x)

x・・・要望
f・・・スキル
y・・・アウトプット

-JAWS-UGなどを通して情報収集
デプロイの自動化
VPC

-フィードバック
google apps
office365が結構いけてる
awsを個人的に使おうとしている。

-JAWS-UGさいたま支部
9/7(土)

さいたま支部の第1の刺客

■16:15-16:20 「みんな大好き "全文検索 on AWS" を試してみました」 @maroon1stさん

JAWS-UG横浜コアメンバー

全文検索 on AWS
Solr
ではなく
mroonga。
http://mroonga.org/ja/

groongaがベースのMySQLのストレージエンジン
日本語が使える。

MySQLの
RDSは好きなストレージエンジンが使えない。

MySQL5.6(フルテキストインデックスあり)
REPLICATION ST

マスターをRDS
レプリカをEC2(MySQL)にしてストレージ(mrunga)

動いたら、エラーした。
rds特有のハートビートがある。
mysqlデータベースにRDS用のテーブルがある。
コピーしたら動いた。

横浜支部の第1の刺客

追記(2013/09/02)
http://www.slideshare.net/maroon1st/jaws-ug-chibalt20130831-25772359

■16:20-16:30 「保守運用担当からみたAWS」 @czkukさん

保守運用。

・保守
日本工業規格。JIS X 0161:2008
適応保守について。

メンテナンス

・運用
オペレーション

3年、5年、10年使われる。
サービス開始後の
AWSの柔軟さは便利。

・改良
・運用

・1年後
データ領域不足。
長期休暇時の連絡体制。
バックアップのリストアはやっておこう。
EC2の計画再起動

・3年後
OSにEOSLなどのバージョンアップ。
ミドルウェアのバージョンアップ
フレームワークが次の世代に。
社員の退職。

・5年後
ライブラリの対応がなくなる。
isoイメージやRPMが手に入れない。
フレームワークはダウンロードできない。
書籍なし。
ExportのデータがImportできない。

・サンプル例
PGは定年。
文書が散在。どれが最新かは不明。
ブラックボックス。

これはもうなくなるものだ。

外的要因による
適応保守を
決めておこう。

保守計画・方針(バージョンアップ)
ドキュメントを残そう。
Infrastructure as Code
構成管理をしよう。

ITIL v2がおすすめ

さいたま支部の第2の刺客

追記(2013/09/02)
http://www.slideshare.net/kazukiueki76/20130831-jaws-chibalt

■16:30-16:35 「RDS!スケールアップ前のアプリチューニング(ざっくり版)」 @masaru_birdさん
LAMP一筋13年
NEO COSMIC

○○○○○ーツ
サーバサイドを担当。

DB重いな。
とりあえず、あげる。
これ以上あげられなくなる。

DBサーバ(RDS)
4xlargeの限界

アプリ側の改修
勘で直す
工数足りない。
予算ない。
謎実装。

AWSに問い合わせ。アプリ改修してくれません。

ググる
[RDS 重い どうにか]

slowlog出さない。
Explainで確認➡クエリ最適化
テーブルパーティショニング
1億レコード以上のテーブルを作らない設計(メンテも手間)

エンジニア向けに
KVSへ一部移行。
リードレプリカを使う。
とりあえず動けば良い➡技術的負債

上長向けに。
図を書いてDB高負荷を伝えよう。

slowlog出さない。
出したままスケーリングはやりづらい。

追記(2013/09/02)
http://www.slideshare.net/masarutomonaga/aws20130831

③JAWS-UG 千葉團 Vol.1 -千葉團はじめます。クラウドはじめよう- #jawsug #chibadan

今日は、JAWS-UG 千葉團 Vol.1のイベントに参加しました。
③です。

■15:30-16:00 (30分)
「JAWS-UGの歴史と最近の私」
竹下康平さん @DynaKou

目的意識というキーワードで進めてました。

元JAWS-UG JAPAN代表。

2008
AWSの存在に気づく

JeffさんにTwitter口撃

後ほど、当時のブログを見せてくれるそう。

openVPNを使って、EC2に閉域網を構築し終えたら
VPCを始めた。何じゃそりゃー。

サーバを擬人化。

伝説のXmas会。

2010
ビーブリッド創設。

JAWS-UG 第1回。

メディアテクノロジーラボ。
Amazon EC2 ユーザー会。

3支部発足。

2011
17支部。

3.11
タイガーチーム発足。
クラウドの可能性、コミュニティの可能性。
日本赤十字とか。。。

で、世代交代。
CUPAでの講演活動。
とかとか。

最近の懸念。
CUPA vs AWS????
[CUPA](http://www.cloud.or.jp/ "CUPA")

作った人同じなんで、けんかとか無いよ。
もめたりしてるわけないよ。

目的意識を持てば
社会にどう貢献するのかを考えれば

自分の軸がはっきりする。

目的
困っている人、弱者救済

テーマ
介護 x IT

ヘルプマン(介護、漫画)
ビーブリッド ホムサポ(介護、福祉、医療)
NPOビースマイルプロジェクト(児童福祉、漫画)100人ぐらい漫画家がいる。
NPOもんじゅ(介護)
自治体支援(地域活性)

共有サーバの仕組みを
S3にバックアップをとったりしてる。

技術は手段。

・宣伝
CUPAはマルチ。Azure, AWSとかいろいろ。
[CloudShowJapan 2013 ~Cloud Successこれだけいたクラウドの成功者達~](http://cloudshow.jp "CloudShowJapan 2013 ~Cloud Successこれだけいたクラウドの成功者達~")

・クラウド
いろいろできるけども、結局は何をやりたいのかである。
目的がはっきりしてればどの技術を使ってどうするのか出てくる。

②JAWS-UG 千葉團 Vol.1 -千葉團はじめます。クラウドはじめよう- #jawsug #chibadan

今日は、JAWS-UG 千葉團 Vol.1のイベントに参加しました。
②です。

■doorkeeperイベントページ
[http://jawsug-chiba.doorkeeper.jp/events/5129](http://jawsug-chiba.doorkeeper.jp/events/5129 "イベントページ")

Twitterハッシュタグ
#jawsug #chibadan

■14:30-15:20 (50分)
「ここ半年で23支部回ってきて気づいた話、話題の中心」
吉田真吾さん @yoshidashingo

・自己紹介、Cloudpackの紹介
・超高速AWS学習ツール
AWSカルタ
・最新JAWSあるある

・自己紹介、Cloudpackの紹介
好きなAWSサービス
RDS
Oracle, Mysql, Sql Server
それぞれちょっと違うので、見極めているところ。

好きなCDPパターン
DB Replicationパターン
MySQLだけ。

全部で70のイベント開催。

クラウドパックの紹介。

バースト保障。
キャンペーンなど、WBS砲、Yahoo砲、LINE砲(尋常じゃない)。

保守体制
エンタープライズは、サポートで100万円(10,000$)以上オーバーしたり?

クラウドパックセキュリティ
トレンドマイクロとセット。

ダイレクトインポートサービス
専用線を2本使っている。
HDDからEC2, S3にいれる。(イクイニクス)

・カルタ
JAWS-UG中央線でやったものですねー。
2回しました。一番にはなれませんでした.
中途半端ーでしたわ。
会社に導入してみたら面白いですねー。

・JAWS-UGあるある
勉強会あるある
2回目ヒトこねーーーーーーーーー。
初回は期待を込めてくる。距離感を計りにくる。

・AWSハンズオンあるある
アカウント登録時の、自分電話番号以外着信拒否がある。
EC2起動したけど鍵ファイルどこ?
エンジニアなのにcd? ls? chmod?
Macは鍵を400にしましょうね。
サポートが必要になります。

Management Consoleの画面が違う。
DB Security Groupどこ?
VPCのDefault Subnetどこ?

・コアメンバーあるある
メンバーの1/3は常に忙しい➡2/3で運用できるように
いろんな職種がいたほうがいい。(デザイン、エンジニアとか)
6〜7人以上いる支部はラク。
宴会部長的な人。会場手配、司会、懇親会を進めるとスムーズ。

・その他
ウケてるネタ
AWSとセキュリティ
DevOps
エバンジェリスト的な人が増えている。
各々のJAWS-UGを回ってる人がいる。

・まとめ
AWSで変わりますよ。
コアメンバーにぜひなりましょう。

・宣伝
JAWS-UG Festa Kansai
深夜バスは安い。

追加。2013/9/2

①JAWS-UG 千葉團 Vol.1 -千葉團はじめます。クラウドはじめよう- #jawsug #chibadan

今日は、JAWS-UG 千葉團 Vol.1のイベントに参加しました。

■doorkeeperイベントページ
[http://jawsug-chiba.doorkeeper.jp/events/5129](http://jawsug-chiba.doorkeeper.jp/events/5129 "イベントページ")

Twitterハッシュタグ
#jawsug #chibadan

■13:30-14:20 (50分)
「コスト削減? 拡張性? セキュリティ? 試験にでるかもしれないAWSの話」
堀内康弘さん @horiuchi

まずは、AWSの試験のお話からそして自己紹介。
フォロワー数が、エバンジェリストの指標らしい!?(笑)

30のクラウドサービス、20000以上の客。
Gartner Magic Quadrant for Cloud
Forrester Wave

うーん、Forrester Waveの資料は知らなかった。

・AWS認定プログラム
3つの役割。ソリューションアーキテクト、システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター、デベロッパー
3つのレベル。アソシエイト、プロフェッショナル、マスター

http://aws.amazon.com/jp/certification/

・ソリューションアーキテクト
分散アプリケーションやシステムの設計スキル
分散が重要!

・システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター
自動化

・デベロッパー
SDKなどを使ってアプリを構築するもの。

・アソシエイトレベル
伸縮自在性、DR
IT全般の知識

・勉強するためのリソース
AWS実践乳音1、2を受ける。
Architecting with AWS(3日)
最低1つのプログラミング言語
AWSホワイトペーパー(堀内さんおすすめ
オンプレミスとAWSを組み合わせたハイブリッド環境の構築経験
[http://aws.amazon.com/jp/architecture](http://aws.amazon.com/jp/architecture "アーキテクチャページ")

・日本語のホワイトペーパー

・出題範囲
1.高可用性、コスト効率、対障害性、スケーラブル
Design for Failure(障害に対してのデザイン)
Elastic IPを用いるフェイルオーバー
複数のAvailability Zonesを活用する
Amazon Machine Image
Amazon Cloud Watch
Amazon EBSを用いたスナップショット
Amazon RDSによるバックアップの自動化

・コンポーネントの分離
密結合(手続き型プログラミング)と疎結合(キューを使用して独立させる)
Amazon SQSを使用してコンポーネントを隔離する。
などなど
RDSチーム、EBSチーム
なるほど、ここはやっぱりチーム性が重要かもしれない。

・料金のお話
オンデマンドインスタンス、リサーブドインスタンス、スポットインスタンスのお話

・出題範囲:分野2.0 実装/デプロイ
AMIの設定
Amazon VPC

AZを分けてEC2。
ELB使って分散。
静的コンテンツはS3とCloudFront。
DNSはRoute53。

VPCの紹介
バッチリかなー。うーん。再度構築できるか不安。。。
VPCではEC2を再起動しても割り当てられたまま

・出題範囲:分野3.0 セキュリティ
詳しくはホワイトペーパーを読む。
クラウドセキュリティのベストプラクティス
AWSによるセキュリティ
セキュリティサービス
ディザスタリカバリ
などなど

・共有責任モデル(shared responsive model)
重要

第三者認証
覚えていくといいかもしれません。
FedRAMPは最近でたもの。
多分試験には出ないらしい。

・出題範囲:分野4.0 トラブルシューティング

・紹介
AWS Cloud Storage Day(9/13)
JAWS FESTA kansai(9/28)
re:event(11/12〜15)
[](http://reinvent.awseventsjapan.com/?id=awswebsite "詳細")
基調講演は、日本語同時通訳あり