python
pythonのsetuptoolsをインストールする
easy_installpippythonsetuptools

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
CentOSを使ったりすると、easy_installを使いたいとかpipを使いたいときに
イチからセットアップする際ことを繰り返しているので、自分用の構築メモです。

インストール

https://pypi.python.org/pypi/setuptools
から

[root@a121b7b23b80 ~]# wget https://bootstrap.pypa.io/ez_setup.py -O - | python

終わったので、pipとansibleをいれてみました。

[root@a121b7b23b80 ~]# easy_install pip
[root@a121b7b23b80 ~]# pip install ansible

まとめ

これで、毎回同じ検索して同じ手順をする無駄が無くなりました。
いつもはAmazon Linuxでやっているので、
自分用のdockerのCentOSイメージで遊んでいて必要になったので、メモを残しておきました。

参考資料・リンク

https://pypi.python.org/pypi/setuptools

python
pyenvをMacにインストールしました。
Macpippyenvpython

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
pyenvをMacにインストールしましたので、方法のご紹介になります。

インストール

brewによりインストール

brew install pyenv-virtualenv pyenv
vim /Users/f_prg/.bashrc

.bashrcには下記を追記しておきます。

# pyenv
export PYENV_ROOT="${HOME}/.pyenv"
if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then
    export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
    eval "$(pyenv init -)"
fi

pythonをインストールします。

pyenv -v
pyenv install -l
pyenv install 2.7.8
pyenv versions
pyenv global 2.7.8
pyenv versions
pyenv rehash

2.7.8をインストールし、設定しました。

pipのインストール

すでにMacに入っていたの3つをインストールしておきます。

pip install awscli
pip install sphinx
pip install ansible

まとめ

今回は、既存のMacのsystemからの移行を行いました。
パッケージの一覧を保存し、pipインストールを忘れないことが重要です。

補足、おまけ

下記のセットアップもしておくと、自動的にrehashがされるようです。
https://github.com/yyuu/pyenv-pip-rehash

参考資料・リンク

今回はございません。