IoT ► Raspberry Pi
Raspberry Pi 3のWiFiをセットアップする
IoTRaspberry PiRaspberry Pi 3

wpa_supplicant.confファイルを設定します

pi@raspberrypi:~ $ sudo cp /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf.20160515
pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1

network={
  ssid="{自宅のSSID}"
  proto={暗号化方式、セキュリティプロトコル}
  key_mgmt={暗号化方式の鍵}
  psk="{自宅のWiFiのパスワード}"
}

ワイヤレスLANを再起動して反映させます。

pi@raspberrypi:~ $ sudo ifdown wlan0
pi@raspberrypi:~ $ sudo ifup wlan0

まとめ

これで、どこかのUSBにでもつなげれば
Raspberry Pi 3にWiFiで接続できるようになります。

IoT ► Raspberry Pi
Raspberry Pi 3 Model Bを購入しました。
IoTRaspberry PiRaspberry Pi 3

しましたというか、発売日に買ってました。

ようやく触る時間が持てたところです。
実は Pi 2 Model Bもありましたが、こちらは人に譲りました。

OSのダウンロード

http://www.raspberrypi.org/downloads/
よりNOOBSをダウンロードします。SDカードに展開します。

http://www.raspberrypi.org/help/noobs-setup/
を参考にセットアップしていきます。

SDカードはマニュアルにあった通り、フォーマッターを使いました。
https://www.sdcard.org/downloads/formatter_4/

ドラッグアンドドロップでOSイメージデータを、ポイッとします。

OSのインストール

電源を投入して「Raspbian」を選んでインストールです。

インストールが終わったらsshログインしてみます。

ユーザー パスワード
pi raspberry
The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sat Aug 27 07:17:10 2016
pi@raspberrypi:~ $
Mac
MacにPowerShellをインストールしました
MacPowerShell

MacにもPowerShellがインストールできるので試してみました。

https://github.com/PowerShell/PowerShell
にあるように、pkgファイルを落としてインストールコマンドを実行します。

[f_prg@~] $ sudo installer -pkg powershell-6.0.0-alpha.9.pkg -target /

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

Password:
installer: Package name is powershell-6.0.0-alpha.9
installer: Installing at base path /
installer: The install was successful.

インストールできたか、確認してみます

[f_prg@Downloads] $ which powershell
/usr/local/bin/powershell

Aliasを見てみます。

[f_prg@~] $ powershell                                                            [~/Downloads]
PowerShell
Copyright (C) 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.
PS /Users/f_prg> Get-Alias

CommandType     Name                                               Version    Source
-----------     ----                                               -------    ------
Alias           ? -> Where-Object
Alias           % -> ForEach-Object
Alias           cd -> Set-Location
Alias           chdir -> Set-Location
Alias           clc -> Clear-Content
Alias           clear -> Clear-Host
Alias           clhy -> Clear-History
 :
 :
 :

さっき入れたPHPもみれます。

PS /Users/f_prg> php -v
PHP 7.0.9 (cli) (built: Aug 27 2016 15:17:57) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.9, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies
    with Xdebug v2.4.1, Copyright (c) 2002-2016, by Derick Rethans

補足

AWS Tools for Windows PowerShell

Azure PowerShell
はexeのインストーラーなので使えないですねぇ。
もしかしたらできるかなーと思って、試したんですけど。
期待通りでしたね。(笑)
AWS CLIかAzure CLIがあるので、対応もないような気がしてます。

PHP
phpenvをインストールしました
LaravelPHPphpenv

phpenvをインストールします

[f_prg@~] $ curl -L https://raw.github.com/CHH/phpenv/master/bin/phpenv-install.sh | bash

~/.zshrc を編集します

# phpenv
export PHP_ROOT="${HOME}/.phpenv"
if [ -d "${PHP_ROOT}" ]; then
  export PATH=${PHP_ROOT}/bin:$PATH
  eval "$(phpenv init -)"
fi

php-buildをインストールします

[f_prg@~] $ git clone git://github.com/CHH/php-build.git $HOME/.phpenv/plugins/php-build

インストールしたいPHPの一覧を取得します

[f_prg@~] $ phpenv install -l

phpをインストールします

[f_prg@~] $ phpenv install 7.0.9
[f_prg@h~] $ phpenv global 7.0.9
[f_prg@~] $ php -v
PHP 7.0.9 (cli) (built: Aug 27 2016 15:17:57) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.9, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies
    with Xdebug v2.4.1, Copyright (c) 2002-2016, by Derick Rethans

おまけでLaravel 5.3を試してみます。

composerはすでにセットアップされているものとします。

[f_prg@laravel] $ composer.phar create-project laravel/laravel laravel --prefer-dist
[f_prg@laravel] $ php artisan serve

pic1.png

IoT ► Arduino
Genuino 101に触ってみました
ArduinoGenuinoIntel CurieIoT

Genuino 101とは

発売当初に買って放置しっぱなしだったのですが、ようやく触ったのでまとめてみました。
まずは
https://www.arduino.cc/en/Main/ArduinoBoard101
を見てみます。

Arduinoなのか?

USではArduino 101、US外ではGenuino 101
ということです。どうやら、商標が理由のようですね。

Intel Curieとは

Genuino 101は、Intel Curieを搭載したArduinoボードになります。
Intel Curieは、ボタンサイズの小型SoC。
SoC … System-on-a-chipになります。

スペック

スペックについては、サイトより抜粋させていただきました。

項目 詳細
Microcontroller Intel Curie
Operating Voltage 3.3V (5V tolerant I/O)
Input Voltage (recommended) 7-12V
Input Voltage (limit) 7-20V
Digital I/O Pins 14 (of which 4 provide PWM output)
PWM Digital I/O Pins 4
Analog Input Pins 6
DC Current per I/O Pin 20 mA
Flash Memory 196 kB
SRAM 24 kB
Clock Speed 32MHz
Features Bluetooth LE, 6-axis accelerometer/gyro
Length 68.6 mm
Width 53.4 mm

セットアップ

Arduinoアプリケーションのセットアップ

Arduinoアプリケーションをダウンロードして起動します。
使用したのはMac版で、バージョンは1.6.10です。
https://www.arduino.cc/en/Main/Software

ボードマネージャ

ツール -> ボード -> ボードマネージャー
からインストールします。

board1.png

インストール後は、ボードで選択します。
board2.png

ツール

ツール -> シリアルポート
を以下のように、選択します。

tool1.png

tool2.png

サンプルを実行する

サイトにあるQuickStartのように、Blinkを実行してみました。
実行すると下のように、エルチカできました。

参考資料・リンク

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/749489.html
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/wearables/wearable-soc.html
https://www.arduino.cc/en/Main/ArduinoBoard101
https://www.arduino.cc/en/Guide/Arduino101

.NET
.NET Coreを触ってみました。
.NETC#Visual Studio Code

MacでC#を使えるようになったので試してみます。

サイトはこちら。
[https://www.microsoft.com/net/core#macos]

インストールから実行までやってみました。

1. インストール準備(Install pre-requisites)

[f_prg@~] $ brew update
[f_prg@~] $ brew install openssl
[f_prg@~] $ ln -s /usr/local/opt/openssl/lib/libcrypto.1.0.0.dylib /usr/local/lib/
[f_prg@~] $ ln -s /usr/local/opt/openssl/lib/libssl.1.0.0.dylib /usr/local/lib/

普段、zshを使ってるのでgithub.comのドキュメントにある通り、dotnetのシンボリックリンクを作ります。

[f_prg@~] $ ln -s /usr/local/share/dotnet/dotnet /usr/local/bin

2. .NET Core SDKのインストール(Install .NET Core SDK)

インストーラーを落としてインストールします。
Macで Microsoft .NET が出る時代ですね。
感動モノ!

pic1.png

3. コード作成(Initialize some code)

[f_prg@~] $ mkdir hwapp
[f_prg@~] $ cd hwapp
[f_prg@hwapp] $ dotnet new
[f_prg@hwapp] $ ls
Program.cs      project.json

4. アプリを実行してみる(Run the app)

[f_prg@hwapp] $ dotnet restore
log  : Restoring packages for /Users/f_prg/Documents/project/hwapp/project.json...
log  : Writing lock file to disk. Path: /Users/f_prg/Documents/project/hwapp/project.lock.json
log  : /Users/f_prg/Documents/project/hwapp/project.json
log  : Restore completed in 1999ms.
[f_prg@hwapp] $ ls
Program.cs              project.json            project.lock.json
[f_prg@hwapp] $ dotnet run                          [~/Documents/project/hwapp]
Project hwapp (.NETCoreApp,Version=v1.0) will be compiled because expected outputs are missing
Compiling hwapp for .NETCoreApp,Version=v1.0
Compilation succeeded.
    0 Warning(s)
    0 Error(s)
Time elapsed 00:00:03.4865045
Hello World!
[f_prg@hwapp] $ ls
Program.cs              obj                     project.lock.json
bin                     project.json

Visual Studio Codeでデバッグしてみました。

Macを使ってるので、Visual Studio Codeを起動します。
デバッグできるかどうか試したところ、できました。
ブレークポイントでちゃんと止まりますね。

pic2.png

まとめ

これは、C#好きの私には革新的なことですね。
Visual Studio Codeもいい感じです。
ぜひ、みなさんもやってみてください。

補足、おまけ

ブログを書きかけ状態のまま放置してたら、インストール手順が更新されてました。Σ(゚口゚;