python
pythonのsetuptoolsをインストールする
easy_installpippythonsetuptools

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
CentOSを使ったりすると、easy_installを使いたいとかpipを使いたいときに
イチからセットアップする際ことを繰り返しているので、自分用の構築メモです。

インストール

https://pypi.python.org/pypi/setuptools
から

[root@a121b7b23b80 ~]# wget https://bootstrap.pypa.io/ez_setup.py -O - | python

終わったので、pipとansibleをいれてみました。

[root@a121b7b23b80 ~]# easy_install pip
[root@a121b7b23b80 ~]# pip install ansible

まとめ

これで、毎回同じ検索して同じ手順をする無駄が無くなりました。
いつもはAmazon Linuxでやっているので、
自分用のdockerのCentOSイメージで遊んでいて必要になったので、メモを残しておきました。

参考資料・リンク

https://pypi.python.org/pypi/setuptools

ansible
Ansible Galaxyにdstatのロールを公開する
ansibleansible-galaxy

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
業務では、AnsibleやChefも使っております。
Chefのsupermarketにはdstatのcookbookを公開しているのですが
AnsibleにもAnsible Galaxyに公開してみようと思います。
https://supermarket.chef.io/cookbooks/dstat

ansible-galaxyに登録する

私はTwitterアカウントと連携してログインしました。
ソーシャル系アカウントが使えるのは便利ですね。

ansibleのroleを作成する

下記の初期コマンドを実行します。
Mac上で構築して、gitにpushしました。

[f_prg@ansible-galaxy] $ ansible-galaxy init dstat
- dstat was created successfully
[f_prg@ansible-galaxy] $ ls dstat/
README.md       files           meta            templates
defaults        handlers        tasks           vars

ここでのtaskやファイルなどは割愛します。
https://github.com/fprg/ag-dstat
ご興味がありましたら、こちらをご覧ください。

作成したロールをローカルに対して実行します

EC2(Amazon Linux)にAnsibleをインストールします

[root@ip-10-10-0-85 ~]# pip install ansible

Ansible Galaxyからロールをインストールします

[root@ip-10-10-0-85 ~]# ansible-galaxy install f_prg.dstat
[root@ip-10-10-0-85 ~]# ls /etc/ansible/roles/f_prg.dstat/
defaults  files  handlers  meta  README.md  tasks  vars

/etc/ansible/roles/の下にインストールされました。

プレイブックを用意します

ローカル実行できるように、playbook.ymlを作成しました。

- hosts: localhost
  connection: local
  sudo: true
  roles:
    - { role: f_prg.dstat }

プレイブックを実行します

実行する際に、-iオプションはinventory_hostsが必要ですが
今回はlocal実行なので/dev/nullを指定してます。

[root@ip-10-10-0-85 ~]# ansible-playbook ./playbook.yml -i /dev/null

ローカルで実行したのでsourceコマンドで読み込まなきゃいけないですね。
インベントリホストに対して実行すれば、sshログインしたら使えるようになります。

[root@ip-10-10-0-85 ~]# source /etc/profile.d/dstat.sh

まとめ

簡単に、自分のロールを公開できました。
GitHub.comとの連携もしてますから、Pull Requestとかで
Social CodingもInfrastructure as a codeも活かせそうですね。

今回の成果物です。
https://galaxy.ansible.com/list#/roles/4259

参考資料・リンク

https://galaxy.ansible.com/list#/roles/4259
https://supermarket.chef.io/cookbooks/dstat

勉強会・セミナー
エフスタ!!TOKYO vol.6
エフスタ勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
エフスタ!!TOKYO vol.6
「エフスタ!!TOKYO エフスタ流 新人教育」
に参加してきました。
ハッシュタグは、#efsta42
です。
https://efsta.doorkeeper.jp/events/26760
http://www.efsta.com/index.html

オープニング&自己紹介

全員の自己紹介から始まりました。エフスタは、そうらしいですね。
名前言うのを忘れましたけど。www

Session.1

新入社員からみた現場と教育のギャップ

  • 鈴木 大貴
  • 株式会社サイバーエージェント Ameba統括本部 iOSエンジニア

会津大学につて

日本初のコンピューター専門大学。
大学ベンチャー数が日本一。
授業が英語ある。卒論も英語。
外国人教授が3割。

大学で学んだこと

Unix, C言語, JAVA, アルゴリズム…

プログラミング

  • C言語
    学んだことで、次の言語の抵抗感がなくなった。とてもよかった。
  • JAVA
    オブジェクト思考を学ぶ。
  • プログラミング演習
    問題解決能力が身についた。

プログラミング以外

  • データベース
    Leapというalgebraを使用。RDBMSを学ぶ。
    http://leap.sourceforge.net/index.html
  • 英語
    つまずいたときの文献はほぼ英語。stack over flowを活用。
  • その他
    忘れていても、何をしているかは分かる状態

現場で学んだこと

WEBに特化した勉強はしたなかった。

WEB
  • サーバ環境
    Production, Staging, Develop環境
  • キャッシュサーバ
    memcached, redisの使い分け
  • 単体テスト
  • CI
    テスト自動化
デザインパターン
  • サーバ
    – Dao
    – Service
    – Facade
    – Controller
ネイティブアプリ開発
  • ライフサイクルの把握
  • クラスの使い分け
  • アニメーションの表現方法
  • ライブラリ
    cocoapdos
    Carthage
  • アプリリリース手順
  • 実機でのデバッグ方法
バージョン管理
  • Git
    – 個人はGitHub, 会社はGHE
    – Branchの切り方
    – Branchの命名規則
    – Commitのフォーマット
タスク管理
  • JIRAを使ったストーリベースのタスク管理
  • 毎週のスプリントミーティング
その他
  • 開発環境の構築
    Eclipse
  • Pull Request
    エンジニアのランクに関係なく、お互いにPRを投げて確認し合う
  • ドキュメント
    – Javadoc
    – Confluence
    – Wikiの充実
  • メソッド及び変数の命名規則

現場で足りないものをどう補ったか

学生時代のアルバイト
  • Flashによるミニゲーム開発
    アニメーションの実装を学ぶ
  • ソーシャルゲーム開発
    通信周りの実装
    データストアの実装
  • iOSアプリ開発
    アプリ内課金の実装
    Developerアカウント周りの管理
社内研修

期間は最大2ヶ月
JAVAの基礎
Linux, Grant, Photoshop
最後の2週間でグループ開発研修

トレーナー・トレニー制度
配属のミスマッチを避ける

ソーシャルでの適度な発信
Githubスターインセンティブ制度がある。

社内実績を作るには

得意分野でのOSSへの参加

iOSライブラリの作成

最後に

Ameba古着屋の宣伝

Session.2

夏の新人教育相談室

  • 藤原 裕也
  • 株式会社ネクスト エフスタ!!TOKYOスタッフ iOSアプリエンジニア

エフスタとのつながりについて

業務

HOME’Sのアプリ開発

新卒の心構え

「なんのために」「なぜ」やっているかを考える。

規則、手順   実力把握
 ↓        ↓
  明確な理由と目的
 ↑        ↑
失敗      社会人

教育担当の心構え

一緒に楽しみながら将来を考える。

新卒プログラマーが学ぶこと

興味を見つける。
技術スキルを上げる。勉強会、自ら発信。原動力。良い書籍。
「リーダブルコード」

教育の仕方

積極的に新しい試みをする。

  • 新人はできるやつはできる。
  • 成長度合いはそれぞれ違う。
  • できるように見せるのがうまい。

伝わらない

過去の経験
上下関係
腹落ち

まとめ

チャレンジ

心の教育

  • 若原 彰伸

ストレスマネージメント

現場のストレス

仕事に対して6割。
大人は43%。
ストレスの対処は4人に1人。
IT業界は28%。業界でのトップ。

ストレスは、外からの刺激。
ストレスは、身体(内)から戻そうとする。

感情

出来事 —> 解釈 —> 感情

出来事、現象や刺激
解釈、経験や価値観、ステレオタイプ、バイアス
感情、気持ち

認知のゆがみ

悲観的に捉える悪い癖(10 Cognitive Thinking Errors)

  • ALL OR NOTHING THINKING
  • OVER-GENERALIZATION
  • MENTAL FILTER
  • DISQUALIFYING THE POSITIVE
  • JUMPING TO CONCLUSIONS:
  • MAGNIFICATION (CASTASTROPHIZING) OR MINIMIZATION
  • EMOTIONAL REASONING
  • SHOULD STATEMENTS
  • LABELING AND MISLABELING
  • PERSONALIZATION

まとめ

プラス思考。
出来事 —> 解釈 —> 問題あり —> ストレス反応
—> 問題なし —> ストレスフリー

おやつタイム

うまーーーー。
pic1.jpg
pic2.jpg
pic3.jpg

Session.3

経営視点からみた教育

  • 星野 邦敏
  • コワーキングスペース7F 代表、大宮経済新聞 編集長、株式会社コミュニティコム 代表取締役

  • 山下 陽子

  • コワーキングスペース7F 店長、株式会社コミュニティコム デザイナー

自己紹介、星野さん

書籍は今まで、13冊関わっている。
コワーキングスペースについて。郡山にも作る予定だった。w

今日のゴール

  • 経営者はなぜ人を雇うのか?
  • 経営者として研修をどう考えるか?
  • それによる売り上げと利益の関係

3つの目的

産業と雇用の創出

正社員を採用するとかかるコスト

額面30万円、40歳未満で独身の正社員。

  • 従業員手取りは25万。
  • 毎月の会社からの支出:約38万。
  • 正社員の社会保険や税金で、毎月13万円ぐらい。

給料の3倍稼いで欲しいは、あながち嘘ではない。

コストのかかる雇用を経営者がする理由

  • 人を増やさないとビジネスがスケールしない。自分の手から離れない。
  • 経営者のスキルセットや単体のリソースでは、ビジネスが成立しないモデル
  • 雇用を経営者の社会的責任と考えている場合
  • 補助金や助成金が豊富にあるから。VC投資などのお金を使う。
  • 1人で事業をすると寂しい。飽きる。

求人コストと研修コストと売り上げの関係について

7F
200万
人件費、75万(正社員1名+アルバイト8名)

売り上げと人件費の関係
  • 請負案件
    コスト意識と資金回収サイクルなど考えてしまう。
    経営者が作業する人間に、意識付けさせる必要がある。
  • 自社サービス展開
求人コスト
  • アルバイトの求人
    情報誌5から20万(2週間)
  • 新卒の求人
    掲載100万〜
研修
  • 名刺交換
  • photoshop
  • 7Fでは、全4回くらい
    1人あたり10万かかる。(講師代)
研修をする理由を経営者視点で

会社のスタッフの質の一定を求める。
補助金など有効なものがある。
成長を見守っていきたい。

スタッフの採用について

  • インターネット上に情報発信をしてない人は採用しない。
  • 自己矛盾のある人は採用しない。

帰属意識

帰属意識とコミュニケーション
クレド

自己紹介、山下さん

現場視点から、

新人アルバイトの研修

はじめの一歩をつまづかないため
受付業務、スペースの快適さ、予約や問い合わせ対応、利用者とのコミュニケーション、SNSやブログの更新、POPの作成など

来客対応、電話やメール対応、ITリテラシー、著作権の知識、長話を切り上げる技術、グラフィックソフトを使えると良い。

7Fスタッフの特徴

FBのアカウント公開
顔出し、実名公開

マナー研修

ITリテラシー研修

先輩スタッフの経験談

Photoshop・Illustrator初心者講座

プロから教わる

まとめ

マインド、技術、結束

次ならこうする

研修の外部発信など

Special Session

ミッション以外にビジョンとターゲット。

教育の必要性
人材が流出する
ノリの合わない人が減る
今年の売り上げが下がる
稼働率が悪くなる。

クレド
存在意義。

コーチング、お互いのギャップを埋める。

まとめ

最初Facebookの投稿でのおやつに誘われて、初参加したエフスタ。
障害調査に巻き込まれてて、2台のMacを使いながらようやくメモできました。

教育から実働、そして経営まで。
だいたいは把握してましたのが、再確認するにはとても有意義でした。
ちょっとずつ変化しているんだなぁと思いました。

最後に懇親会に行けなかったことは、残念でした。

参考資料・リンク

https://efsta.doorkeeper.jp/events/26760
http://www.efsta.com/index.html

勉強会・セミナー
cloudpack社内勉強会Vol.1
AWSAWS認定資格cloudpack勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
cloudpackで行いました社内勉強会Vol.1を開きましたので、その内容をご紹介したいと思います。
と言っても内容については今回のテーマではお話できない理由がございます。
ご容赦ください。

テーマ

「AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル」
についてです。
http://aws.amazon.com/jp/certification/certified-devops-engineer-professional/

社内勉強会の内容

といっても、すごい内容ではありません。試験の内容も話してません。
まずは出題範囲の確認と模擬試験を参加者5名で解いて
皆で出し合い話しあう内容でした。

以前から社内で勉強会もちょこちょこやっていましたが
社内での勉強会も始めなので、まずは軽くといったところです。

今後、社員の皆さんが成長できたらいいなと思いました。

まとめ

試験勉強となると一人で勉強になりがちですが
今回の5人で勉強したのはとても有意義でした。
ここはこう思う、こうではないかと話しあえたことがとても良かったです。

参考資料・リンク

http://aws.amazon.com/jp/certification/certified-devops-engineer-professional/
http://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2015/06/02/101355

Linux
daemontoolsを使う
daemontools

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
業務でdaemontoolsに触ったんですが、すっかり忘れたので
おさらいをしながら方法を書いていきます。

daemontoolsとは

ロギングやプロセス監視をするツールです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Daemontools

daemontoolsのインストール

早速インストールしてみます。
ドキュメントはこちらです。
http://cr.yp.to/daemontools/install.html

[root@ip-10-10-1-69 ~]# yum -y install gcc gcc-c++
[root@ip-10-10-1-69 ~]# cd /usr/local/src
[root@ip-10-10-1-69 src]# curl -O http://cr.yp.to/daemontools/daemontools-0.76.tar.gz
[root@ip-10-10-1-69 src]# tar xzf daemontools-0.76.tar.gz
[root@ip-10-10-1-69 src]# cd admin/daemontools-0.76/
[root@ip-10-10-1-69 src]# curl -O http://qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/daemontools-0.76.errno.patch
[root@ip-10-10-1-69 src]# patch -p1 < daemontools-0.76.errno.patch
[root@ip-10-10-1-69 src]# package/install

インストールを始めたところ、error.hのパッチが必要と知りました。
パッチを当てることをお忘れなく。

damontoolsの準備

nginxを起動させるような仕組みを考えました。

[root@ip-10-10-1-69 service]# yum -y install nginx
[root@ip-10-10-1-69 service]# cd /service
[root@ip-10-10-1-69 service]# mkdir nginx
[root@ip-10-10-1-69 service]# cd nginx/
[root@ip-10-10-1-69 service]# vim run
[root@ip-10-10-1-69 service]# chmod 755 run

runファイルはこんな感じにしました。

#!/bin/sh

exec -c /etc/init.d/nginx start

damontoolsの起動

[root@ip-10-10-1-69 ~]# /bin/sh /command/svscanboot &
[root@ip-10-10-1-69 ~]# svstat /service/nginx
/service/nginx: up (pid 4695) 1 seconds

動いてますね。psコマンドでも確認できました。

nginxを停止して、再起動されるかどうか確認する。

[root@ip-10-10-1-69 ~]# /etc/init.d/nginx stop
Stopping nginx:                                            [  OK  ]

止めても、再起動されていることを確認できました。

まとめ

古いツールのようで、ドキュメントや方法がすぐに調べられました。
個人的には、monitやsupervisordの方が好きです。

参考資料・リンク

http://cr.yp.to/daemontools/install.html

勉強会・セミナー
Laravel Meetup Tokyo Vol.6に参加してきました
LaravelPHP勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
Laravel Meetup Tokyo Vol.6に参加してきました。

Laravel 5.1 Release! (@ytake)

イベントページの内容とリリースに合わせて変更になってます。

5.1の特徴

LTS(Long Term Support)
bugfixに2年。securityに3年。

ドキュメントが豊富に

PHPバージョン

PHP 5.5.9以上
仕様しているPHP状況に応じて5.0でも良いかも。

mcryptが不要に

暗号化にはopensslエクステンションが必要になる

5.0からのアップグレードについて

  • compile file
  • キャッシュファイル
  • AuthController
  • Validation
  • Eloquent
  • Collection
  • CommandBus —> Job

5.2でなくなる予定

  • Middleware, TerminableMiddleware
    PSR7に合わせてなくなるのかも。
  • Bus/DispatchesCommandsがJobに変更
  • コンテナのbindshared

コーディング規約

フレームワークはPSR-2へ

5.1の機能紹介

  • route group
  • CSRF token
  • HTML, Form
    Laravelパッケージから外されている
  • Modelsディレクトリは削除

  • よくあること、make:modelするとapp直下にできる

    php artisan make:model Models\\Messages
    

    でやるとそういったことはなくなる。
    バックスラッシュ2つ。

  • laravel elixir
    gulpを使った開発支援タスクランナー
    less, sassコンパイル
    phpunit自動実行
    babelタスク追加
  • middleware
  • Request
  • Broadcast
    RedisのPub/Sub
    Pusher(海外サービス)
  • Faker factory
    ダミーデータ生成、DBに入れることもできる
  • functional test
    クローリングするテスト(seleniumに近いような、テスト)

その他

Laravelはアーキテクチャを作るフレームワーク

LT

Laravelでバッチを作ってみた。

アプリ(Apple, GooglePlay)のカスタムレビューを
Laravelでまとめる。
dipではTypetalkを使っているそうです。

LaravelアプリケーションをSeleniumでテストしてみた

WebDriverを使用

composer.jsonで

phpunit/phpunit-selenium

サーバ環境の用意に疲れた

firefox、Xvfb、Selenium Server

Domのアクセスは非常に簡単。

スクリーンショット

エラーが出たらスクリーンショットをとる。
前のものと比較ができて便利。

Githubでの共有予定

Laravel5.0を2日触ったばかりの人が5.1にあげた話

composer

とりあえず、アプデートしたら失敗

  • bootstrap/cacheフォルダの手動作成
  • unitテストの修正

ドキュメントを読んでください。

プロジェクトを作り直した

  • オートコンプリートが効く
  • namespaceの宣言位置が違う
  • 認証ページがない。作り方は公式ページにある。
  • cssフォルダがない

まとめ

ドキュメント読もう。
create-projectのほうがすっきりする。

モデルディレクトリがなくなった理由

L4までは今までの親しみのためあったよう。

オートローダー

  • composerで管理する
  • requireとかは使わない。
  • PSR-4、それぞれのライブラリの共通化

ファイルを読み込み作成する仕組み
デメリット、ネームスペース書きづらい
メリット、require地獄から抜けられる

Fakerの紹介

宣伝

  • qiitaにLaravelの書籍まとめ記事を記載。
    英語書籍が増えてきた。
  • PHP勉強会
  • phpcon 2015
  • phpカンファレンス発表公募のコツ
    • 一般の発表は倍率高め、LTは低い
    • 宣伝はNG
    • フレームワークだけの発表はNG
    • セクハラネタ禁止
  • Laravel Meetup Tokyo Vol.7について

まとめ

前からLaravel勉強会の参加してはキャンセルし、ようやく参加できました。
久々の開発の勉強会で、なかなか情報を得ることができました。
Laravel 5.1が出た直後でしたので、いいタイミングで参加できました。

補足、おまけ

Laravelのddが便利でした。
http://laravel.com/docs/4.2/helpers

勉強会・セミナー
MariaDB勉強会に参加してきました
MariaDB勉強会・セミナー

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
IDCFさんで開催されたMariaDB勉強会に参加してきました。
参加中仕事してたので、本当にメモ程度です。
途中参加なので、ちょっと欠損してますがご容赦ください。

MariaDB

運用

運用・使用されているかどうか質問がありましたが
参加している方々の中でMariaDBの運用をしている方は
あまりおられませんでした。

コミュニティ

コミュニティの参加が活発のようですね。
MySQLからの派生は多いようです。

MySQLエンタープライズフィーチャーについて

  • PAM認証
  • Odit
  • スレッドプール
    など実装している。

スレッドプール

MariaDB MaxScale

proxyルータ(L7)
SQLインジェクション
Galera clustersの負荷分散

##
5.5 —> 10.0へのアップデート
ほとんどバグがないらしい。

Google

MariaDB 10で運用している。
並列レプリケーションの資金提供
コードレビュー

Youtube

自動シャーディング(10.14のバージョン)

Wikipedia

MySQL5.1 —> MariaDB 5.5 —> MariaDB 10.0のバージョンアップを行った。
4 — 15%クエリ実行時間の向上

Kakao Talk

MariaDB 10.0
FusionIO
MariaDBのコード改善も行っている。

Greetz

Oracle RAC —> MariaDBへの移行

MariaDB

  • 5.7のフィーチャーで、GAになったらGTIDとか
  • ガートナーの調査により、リーダーの地位として評価してもらった

MariaDB 10.1

Community Release

Galera Cluster Integrated

MariaDB
no lost transactions
optimisor for WAN replication
non-blocking SQL

Encryption

暗号化の強化。
ローリングキー(AESのアルゴリズム)
個々のテーブルの暗号化。

Optimistic parallel replication

10.1より並列トランザクションの向上

スレッドプール

MDEV-5533より情報を収集すること

InnoDB

16KB —> 64KBページへ拡張

InnoDB FusionIO specific

Optimiser enhancements

WebScaleSQL

CONNECT

JSON/BSON support

Scalability improvements

お客様対応したので

SEGAゲームス SEGAネットワークすカンパニー

プラットフォーム

負荷分散

インデックス

HandlerSocket

参加者の中で少々お使いのかたがいらっしゃいました。

可用性

  • KeepAlived
    – マスタ、スレーブ + VIP
  • MHA
    – マスタ、複数スレーブ

    バックアップ

  • mysqldump
  • xtrabackup

    監視

##

並列レプリケーション

倍々に接続を増やしてあげ負荷をかけてみる
jdbkrunner

マルチソースレプリケーション

スレッドプール
Atomic Write
サブクエリオプティマイザ

Progress Reporting

進捗がでるけど、
InnoDBならshow engine innod db statusでやろう。

MariaDBに期待するところ

雑談ネタ

MongoDBも使ったりしてる

まとめ

MariaDBにはすでに関わっておりましたが
まだ使ってる人が少ないんですね。
基礎的な内容をおさらいするには十分に得るものがありました。
英語の通訳もあり、英語の勉強になりました。
あとでスライドが上がったら探してみようと思います。

参考資料・リンク

https://mariadb.org/

DB
memsqlファーストインプレッション
First Impressionmemsql

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
http://www.publickey1.jp/blog/15/memsql_community_edition.html
こちらの記事を見ましてMemSQL Community Editionというものを知ったので
触ってみます。

紹介

サイト

本家のサイトはこちらです。
http://www.memsql.com/

ダウンロード

http://www.memsql.com/download/

ドキュメント

http://docs.memsql.com/latest/

memsqlのインストール

Amazon Linuxにmemsqlをインストールしてみます。

[ec2-user@ip-10-10-0-224 ~]$ cd /tmp
[ec2-user@ip-10-10-0-224 tmp]$ curl -O http://download.memsql.com/memsql-ops-4.0.28/memsql-ops-4.0.28.tar.gz
[ec2-user@ip-10-10-0-224 tmp]$ tar -xzf memsql-ops-4.0.28.tar.gz
[ec2-user@ip-10-10-0-224 tmp]$ cd memsql-ops-4.0.28
[ec2-user@ip-10-10-0-224 memsql-ops-4.0.28]$ sudo ./install.sh

インストールしますと、自動で起動されます。

[ec2-user@ip-10-10-0-224 memsql-ops-4.0.28]$ ps aux | grep mem
memsql    2478  6.9  4.4 2245656 45848 ?       Sl   14:38   0:10 /var/lib/memsql-ops/lib/memsql-ops start -u memsql --port 9000

memsqlに接続する

memsqlはMySQLのクライアントを使用して接続します。

[ec2-user@ip-10-10-0-224 memsql-ops-4.0.28]$ sudo yum -y install mysql

http://docs.memsql.com/latest/concepts/connecting/#mysql-command-line-client

にあるように、mysqlコマンドで接続します。

[ec2-user@ip-10-10-0-224 memsql-ops-4.0.28]$ mysql -u root -h 127.0.0.1 -P 3306
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 6
Server version: 5.5.8 MemSQL source distribution (compatible; MySQL Enterprise &
 MySQL Commercial)

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| memsql             |
| sharding           |
+--------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

まとめ

結構簡単にインスートールはできました。
ただ、t2.microからm4.largeに変更してようやく起動できました。
小さいインスタンスタイプだとメモリやコア数が足りなくって起動とかできませんでした。
クラスタ構成とかもできるようなので、引き続き やってみたいと思います。

参考資料・リンク

http://www.publickey1.jp/blog/15/memsql_community_edition.html
http://www.memsql.com/
http://www.memsql.com/download/
http://docs.memsql.com/latest/
http://docs.memsql.com/latest/concepts/connecting/#mysql-command-line-client