AWS
VagrantでAWSのEC2インスタンス起動
AWSEC2Vagrant

VagrantでAWSのEC2インスタンス起動

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
VagrantでAWSのEC2インスタンスを起動することになったので、その手順メモです。

Vagrantの初期化をする

[13:53:25][f_prg@mba:~]# cd "/Users/f_prg/Documents/project/f_prg_packer/aws"
[13:53:25][f_prg@mba:aws]# vagrant init
A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.

Vagrantの準備をする

vagrant-awsプラグインのインストール

[13:53:31][f_prg@mba:aws]# vagrant plugin install vagrant-aws
Installing the 'vagrant-aws' plugin. This can take a few minutes...
Installed the plugin 'vagrant-aws (0.5.0)'!

VagrantのAWSのEC2インスタンスを起動するためのboxを追加する

[13:55:43][f_prg@mba:aws]# vagrant box add dummy https://github.com/mitchellh/vagrant-aws/raw/master/dummy.box
==> box: Adding box 'dummy' (v0) for provider:
box: Downloading: https://github.com/mitchellh/vagrant-aws/raw/master/dummy.box
==> box: Successfully added box 'dummy' (v0) for 'aws'!

Vagrantfileの編集

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "dummy"

  config.vm.provider :aws do |aws, override|
    aws.access_key_id     = "AAAAAAAAAAAAAAAAAAAA"
    aws.secret_access_key = "BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB"

    aws.keypair_name = 'CCCCCCCC'
    aws.instance_type = "t2.micro"
    aws.region = "ap-northeast-1"
    aws.availability_zone =  "ap-northeast-1a"
    aws.ami = "ami-4985b048"
    aws.tags = {
      'Name' => 'vagrant'
    }

    aws.security_groups = ['sg-DDDDDDDD']
    aws.subnet_id = 'subnet-EEEEEEEE'
    aws.elastic_ip = true

    override.ssh.username = "ec2-user"
    override.ssh.private_key_path = "FFFFFFFF.pem"
  end
end

vagrant を起動します

vagrant up --provider=aws

まとめ

久々に起動したので、まとめてみました。

参考資料・リンク

今回はございません。

AWS ► S3
S3のウェブサイトホスティングでリダイレクト設定を行う
AWSS3

S3のウェブサイトホスティングでリダイレクト設定を行う

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
昨年、JAWSのアドベントカレンダーに記事を投稿させていただきました。
ブログをwordpressからhexoで生成した静的サイトに移行しました為に記事のURLが変更になってしまいました。
そこで、S3のウェブサイトホスティングの設定してリダイレクト制御をしたいと思います。

S3のウェブサイトホスティングの設定をする

まず、元のURLはこちらです。

JAWS-UGに関わってからの今まで、そしてこれから
http://blog.star-flare.com/posts/2013-12-16/1366/

こちらの記事を下のURLに移行させます。
http://blog.star-flare.com/2013/12/16/jawsug-advent-calender/

S3のRedirection Rulesを設定します

まず、公式のドキュメントはコチラです。
https://docs.aws.amazon.com/AmazonS3/latest/dev/HowDoIWebsiteConfiguration.html

Management Consoleにて、S3のRedirect Rulesを設定します。

<RoutingRules>
    <RoutingRule>
        <Condition>
            <KeyPrefixEquals>posts/2013-12-16/1366/</KeyPrefixEquals>
        </Condition>
        <Redirect>
            <ReplaceKeyPrefixWith>2013/12/16/jawsug/</ReplaceKeyPrefixWith>
        </Redirect>
    </RoutingRule>
</RoutingRules>

ブラウザで確認します

これで完了です。
ブラウザでアクセスしたら、リダイレクトされるようになりました。

まとめ

今回は、1つのページでしたがこれが複数だったら大変ですね。
移行する際は、URLの構成はキチンとしてからしたほうがよいですね。

補足、おまけ

文字数制限があるはずなので、多く定義することは無理だと予想されます。
多分。ちゃんと調べなきゃ。。。

参考資料・リンク

https://docs.aws.amazon.com/AmazonS3/latest/dev/HowDoIWebsiteConfiguration.html

Hexo
HexoにGoogle Adsenseをセットアップする
Hexo

HexoにGoogle Adsenseをセットアップする

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
Hexoに、Google Adsenseを設定して広告をつけようと思います。

HexoにGoogle Adsenseをセットアップする

Google Adsenseの広告設定は済ませている前提で進めていきます。
HTMLのコードは取得できる状態ということです。

組み込む方法は?

EJSテンプレートエンジンを使っていますのでテーマに
テンプレートを追加します。

テンプレートに新規のフォルダを作ります。

後で管理しやすいように、新規のフォルダにして
customと名前をつけておきます。

themes/landscape/layout/_custom_ad/google_adsense.ejs

ad.ejsの中身には、Google AdsenseのHTMLのコードだけです。

layout.ejsを編集する

themes/landscape/layout/layout.ejs

<%- partial('_partial/head') %>
<body>
  <div id="container">
    <div id="wrap">
      <%- partial('_partial/header', null, {cache: !config.relative_link}) %>
      <!-- ad start -->
      <%- partial('_custom_ad/google_adsense') %>
      <!-- ad end -->
      <div class="outer">
        <section id="main"><%- body %></section>
        <% if (theme.sidebar && theme.sidebar !== 'bottom'){ %>
          <%- partial('_partial/sidebar', null, {cache: !config.relative_link}) %>
        <% } %>
      </div>
      <%- partial('_partial/footer', null, {cache: !config.relative_link}) %>
    </div>
    <%- partial('_partial/mobile-nav', null, {cache: !config.relative_link}) %>
    <%- partial('_partial/after-footer') %>
  </div>
</body>
</html>

これでおしまいです。

まとめ

広告をはると、ブログっぽくなりますね。
今回紹介した方法が、ページに自由度が生まれて活用できそうです。

補足、おまけ

今回は、ありません。

参考資料・リンク

http://www.embeddedjs.com/