AWS

AWS認定ビッグデータスペシャリティサンプル試験問題4

AWSAWS認定ビッグデータスペシャリティAWS認定資格

質問

原文

4) An organization needs a data store to handle the following data types and access patterns:
    ・ Key-value access pattern
    ・ Complex SQL queries and transactions
    ・ Consistent reads
    ・ Fixed schema

Which data store should the organization choose?

    A) Amazon S3
    B) Amazon Kinesis
    C) Amazon DynamoDB
    D) Amazon RDS

googleで日本語翻訳

4)組織では、次のデータ型とアクセスパターンを処理するデータストアが必要です。
     ・キー値アクセスパターン
     ・複雑なSQLクエリとトランザクション
     ・一貫した読み込み
     ・固定スキーマ

組織が選択すべきデータストアはどれですか?

     A)Amazon S3
     B)Amazon Kinesis
     C)Amazon DynamoDB
     D)Amazon RDS

bingで日本語翻訳

4) 組織は、次のデータ型とアクセスパターンを処理するデータストアを必要とします。
・キーバリューアクセスパターン
・複雑な sql クエリとトランザクション
・一貫した読み取り
・スキーマの固定

組織で選択するデータストア

a) アマゾン s3
b) アマゾンキネシス
c) アマゾン dynamodb
d) アマゾン rds

解答

原文

4) D - Amazon RDS handles all these requirements, and although Amazon RDS is not typically thought of as optimized for key-value based access, a schema with a good primary key selection can provide this functionality. Amazon S3 provides no fixed schema and does not have consistent read after PUT support. Amazon Kinesis supports streaming data that is consistent as of a given sequence number but doesn't provide key/value access. Finally, although Amazon DynamoDB provides key/value access and consistent reads, it does not support SQL-based queries.

googleで日本語翻訳

4)D - Amazon RDSはこれらのすべての要件を処理しますが、Amazon RDSは通常、キー値ベースのアクセスに最適化されているとは考えられませんが、優れた主キー選択を持つスキーマがこの機能を提供します。 Amazon S3は固定スキーマを提供しておらず、PUTサポート後も一貫した読み込みができません。 Amazon Kinesisは、指定されたシーケンス番号で一貫したストリーミングデータをサポートしますが、キー/値アクセスは提供しません。 最後に、Amazon DynamoDBはキーと値のアクセスと一貫性のある読み取りを提供しますが、SQLベースのクエリはサポートしていません。

bingで日本語翻訳

4) d-アマゾン rds は、すべてのこれらの要件を処理し、amazon rds は、通常、キー値ベースのアクセスに最適化されたと考えられていませんが、良い主キーの選択を持つスキーマは、この機能を提供することができます。amazon s3 は、固定スキーマを提供せず、put サポート後に一貫性のある読み取りを行いません。amazon キネシスは、特定のシーケンス番号のように一貫性のあるストリーミングデータをサポートしますが、キーと値のアクセスは提供しません。最後に、amazon dynamodb はキーと値のアクセスと一貫性のある読み取りを提供しますが、sql ベースのクエリはサポートしていません。