AWS

AWS認定アドバンストネットワーキングスペシャリティサンプル試験問題9

AWSAWS認定アドバンストネットワーキングスペシャリティAWS認定資格

質問

原文

9) You are architecting an HPC solution in AWS. The system consists of a cluster of EC2 instances that require low-latency communications between them.

Which method should you use to set up a cluster to meet these requirements?

    A) Create a VPC with one subnet in a single Availability Zone. Keep the size of the subnet equal to the number of instances required in the cluster. Launch instances for the cluster in this small subnet to guarantee low-latency network performance.
    B) Create a placement group. Choose an EC2 instance type compatible with placement groups for the cluster. Launch instances for the cluster in the placement group.
    C) Launch Amazon EC2 instances with the largest available number of cores and RAM. Attach all instances to an Amazon EBS PIOPS volume. Implement a shared memory system across all instances in the cluster, using this shared EBS volume to minimize latency of communication.
    D) Choose an EC2 instance type that offers enhanced networking. Attach a 10-Gbps non-blocking elastic network interface to the instances. Configure the elastic network interface to optimize network performance to reduce latency.

googleで日本語翻訳

9)AWSでHPCソリューションを設計しています。このシステムは、低レイテンシの通信を必要とするEC2インスタンスのクラスタで構成されています。

これらの要件を満たすためにクラスタを設定するにはどの方法を使用する必要がありますか?

    A)単一の可用性ゾーンに1つのサブネットを持つVPCを作成します。サブネットのサイズは、クラスタに必要なインスタンスの数と同じにしてください。この小さなサブネットでクラスタのインスタンスを起動すると、低遅延のネットワークパフォーマンスが保証されます。
    B)プレースメントグループを作成します。クラスタのプレースメントグループと互換性のあるEC2インスタンスタイプを選択します。プレースメントグループ内のクラスタのインスタンスを起動します。
    C)使用可能なコア数とRAMが最大のAmazon EC2インスタンスを起動します。すべてのインスタンスをAmazon EBS PIOPSボリュームに接続します。この共有EBSボリュームを使用して、通信の待ち時間を最小限に抑えるために、クラスタ内のすべてのインスタンスにわたって共有メモリシステムを実装します。
    D)拡張ネットワークを提供するEC2インスタンスタイプを選択します。 10 Gbpsの非ブロッキング弾性ネットワークインターフェイスをインスタンスに接続します。エラスティックネットワークインターフェイスを設定してネットワークパフォーマンスを最適化し、レイテンシを削減します。

bingで日本語翻訳

9) は、aws で hpc ソリューションを設計しています。システムは、それらの間の低遅延通信を必要とする ec2 インスタンスのクラスタで構成されます。

これらの要件を満たすためにクラスタを設定するには、どの方法を使用する必要がありますか。

a) 単一のアベイラビリティーゾーンに1つのサブネットを持つ vpc を作成します。サブネットのサイズは、クラスタに必要なインスタンスの数と等しくしてください。この小さなサブネット内のクラスターのインスタンスを起動して、遅延の少ないネットワークパフォーマンスを保証します。
b) 配置グループを作成します。クラスタの配置グループと互換性のある ec2 インスタンスタイプを選択します。配置グループ内のクラスターのインスタンスを起動します。
c) コアと ram の最大の利用可能な数で amazon ec2 インスタンスを起動します。すべてのインスタンスを amazon ebs piops ボリュームにアタッチします。この共有 ebs ボリュームを使用して、クラスタ内のすべてのインスタンスにわたって共有メモリシステムを実装し、通信の待ち時間を最小化します。
d) 拡張ネットワーキングを提供する ec2 インスタンスタイプを選択します。10 gbps の非ブロッキング弾性ネットワークインタフェースをインスタンスに接続します。ネットワークパフォーマンスを最適化して待ち時間を短縮するために、エラスティックネットワークインターフェイスを構成します。

解答

原文

9) B - Placement groups are recommended for applications that benefit from low network latency, high network throughput, or both. 
A is incorrect because the size of a subnet has no impact on network performance. 
C is incorrect because an EBS volume cannot be shared between EC2 instances. 
D is only half the solution because the enhanced networking affects the network behavior of an EC2 instance but not the network infrastructure between instances.

googleで日本語翻訳

9)B - 低ネットワーク遅延、高ネットワークスループット、またはその両方を享受するアプリケーションには、配置グループが推奨されます。
サブネットのサイズがネットワークのパフォーマンスに影響を与えないため、Aが正しくありません。
EC2インスタンス間でEBSボリュームを共有できないため、Cが正しくありません。
強化されたネットワーキングはEC2インスタンスのネットワーク動作に影響を与えますが、インスタンス間のネットワークインフラストラクチャには影響しないため、ソリューションの半分に過ぎません。

bingで日本語翻訳

9) b-配置グループは、低ネットワーク待ち時間、高いネットワークスループット、またはその両方から恩恵を受けるアプリケーションに推奨されます。
サブネットのサイズがネットワークのパフォーマンスに影響を与えないため、a は正しくありません。
c は、ec2 インスタンス間で ebs ボリュームを共有できないため、正しくありません。
拡張ネットワーキングは ec2 インスタンスのネットワーク動作に影響しますが、インスタンス間のネットワークインフラストラクチャではないので、d はソリューションの半分にすぎません。