AWS

EC2インスタンスからメール送信のための準備

AWSAWS申請EC2メール送信

はじめに

こんにちは。インフラエンジニアレベル1のf_prgです。
業務上において、EC2インスタンスからメール送信をしたいとお客様よりご要望を受けることが多々あります。
SES使うということも考えますが、EC2にPostfixにてメール送信サーバー構築をすることもあります。
EC2からメール送信については制限があり、申請をする必要があります。

EC2からのメール送信について

AWSのスライドがありますので、そちらで紹介いたします。

http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-30934799

AWSからのメール送信 from Amazon Web Services Japan

申請について

ログインした状態で下記のURLで申請をします。
https://portal.aws.amazon.com/gp/aws/html-forms-controller/contactus/ec2-email-limit-rdns-request

申請方法

申請の方法についてもスライドがありましたので、そちらも紹介します。

AWS EC2 Eメール上限緩和 / 逆引き(rDNS)設定 申請手順 from Amazon Web Services Japan

手順は4つになります。

  1. Amazon EC2 Eメール上限緩和申請手順
  2. 逆引き(rDNS)設定申請手順
  3. Amazon EC2 Eメール上限緩和 + 逆引き(rDNS)設定申請手順
  4. 逆引き(rDNS)設定解除申請手順

手順を区分けします。

申請

  1. Amazon EC2 Eメール上限緩和申請手順
  2. 逆引き(rDNS)設定申請手順
  3. Amazon EC2 Eメール上限緩和 + 逆引き(rDNS)設定申請手順

解除

  1. 逆引き(rDNS)設定解除申請手順

まとめ

申請は、3のAmazon EC2 Eメール上限緩和 + 逆引き(rDNS)設定申請手順だけではありません。
1と2の2回でもよいということです。解除もできます。
間違って申請した場合も、訂正して正確な情報をAWSに申請しましょう。
そして、使わなくなった場合も4の解除申請を忘れずに。