①JAWS-UG 千葉團 Vol.1 -千葉團はじめます。クラウドはじめよう- #jawsug #chibadan

①JAWS-UG 千葉團 Vol.1 -千葉團はじめます。クラウドはじめよう- #jawsug #chibadan

今日は、JAWS-UG 千葉團 Vol.1のイベントに参加しました。

■doorkeeperイベントページ
http://jawsug-chiba.doorkeeper.jp/events/5129

Twitterハッシュタグ
#jawsug #chibadan

■13:30-14:20 (50分)
「コスト削減? 拡張性? セキュリティ? 試験にでるかもしれないAWSの話」
堀内康弘さん @horiuchi

まずは、AWSの試験のお話からそして自己紹介。
フォロワー数が、エバンジェリストの指標らしい!?(笑)

30のクラウドサービス、20000以上の客。
Gartner Magic Quadrant for Cloud
Forrester Wave

うーん、Forrester Waveの資料は知らなかった。

・AWS認定プログラム
3つの役割。ソリューションアーキテクト、システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター、デベロッパー
3つのレベル。アソシエイト、プロフェッショナル、マスター

http://aws.amazon.com/jp/certification/

・ソリューションアーキテクト
分散アプリケーションやシステムの設計スキル
分散が重要!

・システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター
自動化

・デベロッパー
SDKなどを使ってアプリを構築するもの。

・アソシエイトレベル
伸縮自在性、DR
IT全般の知識

・勉強するためのリソース
AWS実践乳音1、2を受ける。
Architecting with AWS(3日)
最低1つのプログラミング言語
AWSホワイトペーパー(堀内さんおすすめ
オンプレミスとAWSを組み合わせたハイブリッド環境の構築経験
http://aws.amazon.com/jp/architecture

・日本語のホワイトペーパー

・出題範囲
1.高可用性、コスト効率、対障害性、スケーラブル
Design for Failure(障害に対してのデザイン)
Elastic IPを用いるフェイルオーバー
複数のAvailability Zonesを活用する
Amazon Machine Image
Amazon Cloud Watch
Amazon EBSを用いたスナップショット
Amazon RDSによるバックアップの自動化

・コンポーネントの分離
密結合(手続き型プログラミング)と疎結合(キューを使用して独立させる)
Amazon SQSを使用してコンポーネントを隔離する。
などなど
RDSチーム、EBSチーム
なるほど、ここはやっぱりチーム性が重要かもしれない。

・料金のお話
オンデマンドインスタンス、リサーブドインスタンス、スポットインスタンスのお話

・出題範囲:分野2.0 実装/デプロイ
AMIの設定
Amazon VPC

AZを分けてEC2。
ELB使って分散。
静的コンテンツはS3とCloudFront。
DNSはRoute53。

VPCの紹介
バッチリかなー。うーん。再度構築できるか不安。。。
VPCではEC2を再起動しても割り当てられたまま

・出題範囲:分野3.0 セキュリティ
詳しくはホワイトペーパーを読む。
クラウドセキュリティのベストプラクティス
AWSによるセキュリティ
セキュリティサービス
ディザスタリカバリ
などなど

・共有責任モデル(shared responsive model)
重要

第三者認証
覚えていくといいかもしれません。
FedRAMPは最近でたもの。
多分試験には出ないらしい。

・出題範囲:分野4.0 トラブルシューティング

・紹介
AWS Cloud Storage Day(9/13)
JAWS FESTA kansai(9/28)
re:event(11/12〜15)

基調講演は、日本語同時通訳あり